つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

飛翔

Wallpaper_-_Animals_Dolphin_Duet.jpg

25歳の青年。

僕には発達障害の兄がいる。

小さい頃から 母は兄にといつも一緒にいた。

自分は すべてを小さい頃から受け入れて過ごしてきた。

兄も母も父も好きである。

そして、受け入れるのが当たり前だと思っていた。

高校、大学と進学し教員試験を受けた。

うまくいかなかった。

来年は・・・と思い、また勉強に取りかかる。

2年目の夏・・・またうまくいかなかった。

バランスが崩れはじめた。

自分は誰にも受け入れてもらえていない。

兄も母にも父にも・・・そして社会も・・・。

そんな自分の心に気づき始めたら 外へ出るのが億劫になった。

母は兄と祖母の介護で実家に戻った。

やはりそうだ。

自分ではない。

兄なのだ。

無論、兄に対して愛情はあるし、祖母の介護は必要で当たり前のことである。

僕が母の立場ならそするだろう。

わかっている。

でもダメなんだ・・・。



彼のお母さまから相談を受けました。

お母さまがご実家に戻ってから、彼のADL(日常生活動作)に変化が起きました。

この2年(試験がうまくいかなくなって以来)、彼は部屋から出ることがなく、部屋にはカップラーメンなどのゴミが山積みになっていて、部屋に入ることが難しいほど。

ベッドのシーツはまるでお醤油で染めたよう。。。

そしてこの2年、風呂にも入ることがない。



彼の状態は まるでかいこのようでした。

自分を護るために殻に閉じこもっている。


まずはお母さまへ。。。

コントロールしないこと。

彼をコントロールしようという意識が見え隠れしていました。

私はこんなに頑張っているのよ、あなたくらいはしっかりしていてくれないと困るのよ・・・等々。

それを手放していただく約束を。

彼の優しくて弱くて甘えん坊、そして必死にもがいている彼をそのまま受け止める。

次にご自分自身がリラックスして余裕を持つこと。


遠隔ヒーリング2日目、お母さまからご連絡が入りました。

祖父のお墓参りに明日行くよ・・・と伝えたところ、彼が2年ぶりにお風呂に入った!と喜びのご連絡。

ホッと胸をなでおろしていたところ、夜に連絡が入り夕飯を食べるように家に戻ったのにお風呂に入り、疲れて寝すごし、起きてこないので頭に来て怒鳴った。

すると、部屋からまた出てこない・・・という連絡でした。

お母さまの言動や感情をゆっくりみていただきました。

そこにコントロールと、自分の都合・・・というものが入っていること。

そして、ひとつがうまくいったら次々とうまくいかなくてはならない・・・という観念に縛られているご自分の姿に気づいていただく。

彼がお風呂に入る・・・という彼にとっては最大の勇気に祝福をプレゼントするところ、怒鳴ってしまった。

お母さまは あっと気づかれ明日、お墓参りにいかなくても それを非難する必要もないことを理解されました。

すでに彼の中では祖父のお墓参りに行くためにお風呂に入る・・・という最大のご供養をされていることに気づいてくださいました。



次の日の夕方、お母さまから連絡が来ました。

彼はなんとお墓参りに出かけることができたのです。


ひとつがうまくいったら次々とうまくいかなくてはならない・・・という観念をこれからお母様は外していく決意をされました。

目の前の現象に振り回されることなく、本質に目を向けていく・・・ということです。

遠隔ヒーリングはその本質と向かい合い、サポートしていきます。

ヒーリングは 宇宙と彼の本質とつなげる役割。

ヒーリングに依存するだけでなく、自らも真実に目を向けて目覚めていく。

そのとき、奇跡は奇跡でなくなります。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。


数年来のお付き合いの方です。

主に発達障害のお兄様についてご相談を受けてきました。

大学に進学したが、卒業できない。

卒業したけれど、勤務先がない・・・などなど。

今はお兄様は就職をして勤務しています。

勤務先では対人関係が苦手ではあるものの、段取りが組まれて流れが決まっていれば彼に秀でることができなほど仕事をしています。

同じ場所に鍵がなくては 探すことができない。

もし、その上に新聞が載っていたらその新聞をどけて鍵を見つけることができない・・・等々、ご家族もご本人も苦労しながらここまできました。

次男さんもまた一生懸命取り組まれてきた家族のおひとりです。

次男さんもまたこれからかいこが殻を破るように大空へと羽ばたくことを祈ります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
はい(*^_^*)すべての仕事が素晴らしいものです。それに早く気づき、自分の素晴らしさにも気づいて飛翔していただきたいです。
2013.09.22 05:20 | URL | #- [edit]
森野 羽菜(もりの はな) says... "keiさんへ"
keiさん、ありがとうございます。

障害ってみなありますよね。
インクルージョンという概念があります。統合教育です。
発達障害の中にはIQが130もあり、NASAで働いていらっしゃる方もいます。
私の方が障害ありすぎじゃないって思う(*^_^*)
障害があろうがなかろうが肌の色が違おうがみな人です。
人はお互いにお互いの足りないところを補いながら生きていきます。
男の方だけでも人類は子孫を繋げていけないし、女の方だけでも・・・です。
いろんな方がいていい。
すべての存在に素晴らしい
2013.09.21 16:19 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:飛翔"
難しい問題ですね。ご両親さまはもう少し弟さんに声をかけてやった方が良いかもしれません。弟さんは教師の仕事に拘っている限り、飛翔出来ないように思います。別な道も有る事を知るべきです。世の中には一回のチャレンジできっぱり教師を諦め、他の職業で成功した人もいます。寧ろ「大学は出たけれど」高卒の資格で社会に出た人が多いのかもしれません。大学の肩書で食える世の中ではないようです。
2013.09.18 23:03 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]
kei says... "Re:飛翔"
いつも お世話さまです。

発達障害・・・。 

アスペルガー・・・。

色々な 病気? 否 個性 というべきですネ。

私の 息子 他動性注意症候群?

英語で いうと adhd

 と診断 されましたが そんな 兆候 全くないです。 

2013.09.18 19:01 | URL | #kWhSacJA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1752-1f9bfa53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。