つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

お彼岸

imagesCA0KYVK1.jpg

まんじゅしゃげ 曼珠沙華(ことばんくから)

《(梵)majakaの音写。如意花などと訳す》仏語。

白色柔軟で、これを見る者はおのずから悪業を離れるという天界の花。

幽霊花などの別名でも知られています。

お彼岸の時期になると花が咲く曼珠沙華。

先日、ある方とお話をしました。

すると、その方は曼珠沙華が好き。

なので、家に曼珠沙華の花を持ち帰り飾ったところ叱られた・・・とお話してくださいました。

一般に毒がある・・・とか、幽霊花・死人花とかいわれるので縁起が悪いと思いいがち。

確かにこの花には毒があります。

でもその根を水にさらすと・・・。

食糧になります。

昔、飢饉のころ、この花を植えて水にさらして飢えを凌いでいたんです。

ですから日本中にこの花がいつしか分布したのでしょう。

まさに天界からの贈り物ですね。

そして、畦道にはこの花がよく植えられています。

もぐらよけに使われています。

そしてお墓。

昔の人は 美しい姿のまま天界にみ霊を送りたい・・・。

そう考えて曼珠沙華を植えたのかもしれません。

これを見る者はおのずから悪業を離れるという天界の花

花の真実・物事の真実は本当に真偽を確かめなければわからない。

お墓参りに行くとき、曼珠沙華が好きになるかもしれません。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。


我が家も子供たちが帰省してきます。

おはぎを買って偲びます。

時代は変化していくけれど、大切なこと。

忘れてはいけないこと。

それを伝えていきたいな。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
そうですね。今、厚木の七沢・日向薬師周辺は彼岸花(曼珠沙華)がたくさん咲いています。
ちょいとお伺いして天界の花を眺めて来ようと企んでいます(*^_^*)
2013.09.22 05:27 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:お彼岸"
彼岸花は昔から「お墓に咲く花」のイメージが強く、家に飾る習慣は無かったと記憶しています。カンザシの様で綺麗なのに彼岸、お墓、有毒など遠くから眺める事が似合う花だと思います。
2013.09.21 22:26 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1754-51cf34f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。