つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

箱根へ

130922_1453~09

木漏れ日の秋、箱根に行ってきました。

子どもたちと芦ノ湖畔のラ・テラッツアで食事を!(^^)!

芦ノ湖の風に吹かれながら 美味しいイタリアンをいただきました。

restaurant_3.jpg

ゆっくり車を走らせ静かな森へ。

ひめしゃらとブナの森の中にポーラ美術館があります。

images_20130922192053838.jpg

もはや大地も空も境界もない。静謐で豊穣な水がカンヴァスのすべての領域を覆いつくしている。

(ロジェ・マルクスの言葉、1909年)

私の一番好きな画家、モネです。

マルクスの言葉は モネの絵の神髄をついていて感動しました。

高校生のころからモネが好きでしたが この年になって何故ひかれるのかまた今日気づきました。

写真の睡蓮の池もそうですが、さまざまなモネの絵の素晴らしさ・・・。

風を感じ、大気を感じ、水の流れを感じ・・・。

池の中までも描き、そして対象物がすでに大気や水などの自然物と融和している。

これが真実なのかも・・・と改めて感嘆しました。

モネの代表作は何枚もありますが 寺院も人もみな融和してます。

モネの言葉の中には 本当に真実を描こうとするにあたり苦悩の言葉も見つかります。

色即是空 空即是色

色もなにもない ないけれどすべてある。

このことがわかっている方なんだなあ~と。。。



よい時間をいただきました。

ポーラ美術館は箱根にあります。

時間があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

大きなひめしゃらたちに会えます。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。万葉集などで歌われてきたのもひめしゃらかなつつばきのようですね。沙羅双樹は高い山・インドなどにしかないようです。ひめしゃらはなつつばきのはなよりまた小さいのでひめとついたようです。音がきれいな名ですね。花も可愛い!(^^)!
2013.09.23 13:25 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:箱根へ"
沙羅双樹と間違えたようですがお姉さんの沙羅と共通した幹の色はすべすべして綺麗ですね。睡蓮と言えば「モネ」ですね。日本の橋素敵です。
2013.09.22 22:18 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1755-7d1c2022
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。