つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

本当の自分を生きる

9521273-abstract-background-or-texture.jpg

晴天の神奈川

主月先生はじめ、たくさんのみなさまの祈り感謝します。

神奈川での講演が3回を迎え、みなさまが愛に包まれてこの3回目の講座を受講されたことに感謝します。

そしてあらたに、今回 台風は北上したものの地震が起きました。

この時、主月先生のワンド(天と地を繋ぐツール)がポキっと折れたそうです(ーー;)

一言でいえば、愛がたりなかった~!!

そして主月先生はお見通し。。。

祈りに対して ひとりひとりが全心で向かっていないこと。。。

祈りは この日 なかなかグリッドが組めなかったり、祈り方がわからないかたは主月先生に愛を贈る・・・という方法で取り組みました。

なのにワンドが折れた・・・ということは。。。

古神道でもレイキでも気功でもなんでもそうですが、さまざまなエネルギーの形をエクササイズします。

この時、恨み辛み怒りのエネルギーより、愛のエネルギーの方が数段強い・・・ということを体験します。

つまり、自分の心の中に

「まあ、これくらいでいいか」

っていう気持ちがなかったかどうか。。。

あるんだなあ・・・これが。。。

主月先生は 全身全霊でエネルギーフィールドを広げて祈っていらっしゃるとき、一緒に祈っているものがこれでは あかんです。

ごめんなさい。

自分がめちゃくちゃ甘いのは わかっていましたが 実に情けない限りです。

地球や宇宙と繋がっているのは 昨日のブログの絵を見ていただければわかるかと思います。

ヨガを富士山麓で行っているとき、ものすごい雨でした。

地方からもいらっしゃっている方もいて、富士が見たいのに残念…と思いながらヨガをしていました。

そこへ 雷と嵐の名前を持つ先生がいらっしゃいました。

スマートでかっこいい先生です。

その先生が空へ氣を飛ばしました。

すると雨雲は消え、富士山が現れました。

みな感動です。

しかしながら、天候を左右するのはいかんせん自然の摂理に反しますから すぐに氣を戻されました。

すると、また富士山は雨雲の中へ。。。

私たちは 本当に自然とともにあります。

美しい自然を真に愛していたら、穏やかに気象状況も変化していくでしょう。

自分だけが幸せならいいや・・・って思って生活していても すべては循環しています。


さて、山形から連絡がありました。

会社の社長さんです。

繁栄符や先祖供養など、その時々に合わせてご連絡いtだき、龍生九子などのブレスレットもお送りしています。

いつもそのタイミングは会社やご家族の状況と合致して、改めて天地の采配に感謝します。

今回は龍生九子のブレスレットができた瞬間に連絡が入り、ちょっと会社の状態が振るわず四苦八苦していたところ、大口の仕事がポンと舞い込んだ・・・というお知らせでした。

この会社の社長さんには 実は和合符も持っていただいています。

大切なのは さまざまなすべての方々が弥栄であること。

相手を蹴落として自分だけ・・・では、まわって来ないんですね。

徳分が積まれた分、そこに弥栄が降りてくるんです。


このことは 主月先生の今回の講演でも(毎回かなあ・・・)、伝えらています。

自分だけ幸せになる・・・ではなく、それを広げなさいって・・・。


写真は ヨガで天上界から降り注ぐ光を見たときに似ているものです。

実際は七色でした。

目を開けていて見えたものです。(修練は外国で行いました。)

天地は常に愛を贈ってくれています。

それに答えず、見向きも感謝もなく生きている自分にはっと気づきます。


見た・体感した・・・それでもなおなおエゴチック(+o+)

はっと気づかせてくださった主月先生、そして一緒に参加したみなさま、そして今回来られずとも実際に行動をされていらっしゃるみなさま、そしていつも読んでくださっているみなさまにたくさんの感謝と愛をこめてありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。大祓い祝詞に高山の末短山の末より佐久那太理に・・・という部分があります。山は本当に神域ですね。大切にしていきたいものです。

2013.10.29 05:37 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:本当の自分を生きる"
高山の頂上に立つと神が住む場所に近づいたような気がします。古神道とはそんな事から始まったのかもしれません。天上界から降り注ぐ七色の光、不思議です。
2013.10.28 23:05 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1779-d681e560
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。