つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

朝に

朝、家の外にでると

「ビービー」と鳥の声。

庭につがいのジョウビタキの姿が。

1じょうびたき

シルバーブラックの頭を白髪に見立て、翁を意味する尉(じょう)という文字。

鶲のヒタキは火打ち石をたたくような声から火焚き(ヒタキ)。

大磯に越してから初めて出会った訪問者でもある彼らにまた出会えたのが嬉しい。

そして、今回はつがいである。

鷺

彼らの姿を追っていると、頭の上を見慣れない大きな鳥が!!

鷺である。

シャッターを切るのが遅く、姿は小さくなってしまったが、足を綺麗に伸ばし家の上を越えて西の空へ向かっていった。

川でよく見かけるが家の上空を飛ぶ姿は初めて。。。

鷺の優雅に飛ぶ姿に感激した。

(鶴じゃあないよね・・・なんて思ってしまうほど美しかったです。)

そして富士

そして今朝は富士山にもお会いできました。

よいことが起きそうなやさしさに自然に包まれた朝。


先日、ちょいと呟いた富士山。

富士大橋を渡ったとき富士大橋のプレートが朝日に反射していて、思わず富士を探してみたけれど、その日の富士は雲隠れ。

それでも富士山はあの方向にある・・・ということを知っている。

それは実際にあることを知っているからだ。

でも、富士山を見たことがない・あちらの方向に富士があるのを知らない方ならどうだろう。

おそらくは眉唾もの・・・と思うだろう。

その時、伝える側は確固たる軸を持っているから知らない方へ揺るぎなく伝えることができる。

真実を掴む・・・ということはそういうことだ。

愛を見た方は誰もいない。

でも愛はあることを知っている。

私は小さい頃、目を覚ますと母親のオーバーの中にいた。

東海道線の藤沢駅、プラットホームのベンチ。

そこで母親は私が寒くないように、そして目が覚めないようにそこにいてくれた。

オーバーを着ているから、おそらくは相当寒い冬のこと。

家に早く帰りたいと思う心を越えて子を思う心には感謝しかない。

まだ幼稚園にも行っていなかったかもしれない。

今もオーバーのぬくもりと母親の子への愛を感じている。

誰しもが 持っている温かい愛情を感じる心。

その温もりをいつ表現するのか。

今、この瞬間 私にもあなたにもできる私心を越えた愛。

世界中から戦争と銃器がなくなりますように。

そして科学が有効に使用されますように。

誰かを傷つけるために発展するのではなく、誰しもが幸せになるように発展しますように。。。

たくさんの愛をこめて。。。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
はい尉鶲(ジョウビタキ)可愛くて、来ないと心配してしまいます。夜中には梟(フクロウ)君の声もしてほっと安心する日々です。みな無事がいい。ウイグル族の方々にも早く安定して生き生きと暮らしてほしいと思います。スカーフがトレードマークのウイグル族の女性の方々。それさえも抑制されているようです。
オーストラリアのハミルトン島での目覚めはワライカワセミの声でした。
あるがまま、自由な人生を生きていきたいものですね。(もちろん、人としてのルールを守りながら)
2013.11.04 06:03 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:朝に"
ショウビタキは小さい体で頑張っていますね。鳶が悠然と飛翔する姿は美しいと思います。江ノ島では大挙して押しかけ観光客のハンバーグなどを狙って嫌われています。中国でのウイグル人弾圧はいつまで続くのでしょうか。何とか独立させてやりたいものです。
2013.10.31 22:54 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1782-0474d5a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。