つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

エール

titleimg.jpg



海に向かい航海を始める。

はじめて君にあったとき、

君はやんちゃくれで寂しがや。

喧嘩しては傷を作り、一人で泣いていた君。

いつしか喧嘩することの無意味さを知り、

喧嘩をしかける友を抱きしめ、青年へと成長する。

君が自ら大きな海へと航海を始める朝。。。

エールを送りながら、涙がこぼれる。

君の成長した心と君の大きく成長したあたたかい心に胸が震える。

晴れた日もあれば、雨の日もある。

船の操縦を間違えずに荒波にも屈せずに長い航海へ向かって欲しい。

いくつも港はあるからね。

母港はいつでも君を温かく迎える。

航海は一人ではないよ。

君の胸の中に仲間がいるよ。

そして私もいつまでも君を愛し続けるよ。
大きく成長した彼。

彼にはご両親がいらっしゃいません。

自分のお里がないのは心がいつもふわふわとしてしまいます。

そんな彼がいよいよ旅立ちの時となりました。

彼へのエールは「オアシス」

オはおはようございます。

アはありがとうございます。

シは失礼します。

スはすみません。

これをプレゼントしたら、彼も大きな声で復唱してくれました。

社会という大海で彼が無事航海できることを祈ってやみません。

彼はスポーツも勉強もできます。

そして、容姿端麗です。

友人から嫉妬され、突然胸座(むなぐら)を殴られることもありました。

はじめの頃はそれに怒ってやり返すこともありましたが、今では相手の心に寄り添うこともできるようになりました。

そんな彼の旅立ち。

たくさんの愛をこめて見送ります。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。あらら(*^_^*)文章は上手ではないのだけれど褒められたら木に登ります(*^_^*)感謝!!本当に年長者は若者の無事の航海を祈る・・・ですね。自分はいやというほど乗り越えた荒波も若い子たちを考えると緋毛氈(ひもうせん)を敷いてあげたくなるけれど・・・。それでは強い大人になれないし、いつか年長者がいなくなっても荒波を越えていく船長になってほしい。見守り続けます。
2013.11.10 18:31 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:エール"
モーゼの十戒で海が割れた様な桟橋、船出する若者たちが無事に荒波を乗り越えて目的地に着けるように祈る事が年長者の努めですね。詩としても通用する素晴らしい文章でした。
2013.11.09 16:38 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1789-9cb289ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。