つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

沖縄から

沖縄空港

沖縄空港に着きました。

沖縄ではじめにお迎えしてくれたのが蘭の花たち。

よい香りの空間を通って、到着ゲートまで向かいます。

天候が心配されましたが、おかげさまで順調なフライト。

乗った瞬間、この飛行機のパイロットさんgood!!と感じました。

沖縄の旅が始まりますが、どうも先に情報をくれます。

旅の始りに先駆け、この旅がどのような旅になるのか・・・。

先に教えてくれたのは、私のハイアーセルフはもちろんのこと、沖縄、そして地球へとはるか昔から祈りを捧げていらっしゃる巫女さんたちなのでしょうか。

はじまりはおわり

おわりははじまり


この言葉で沖縄の旅は始りました。

はじまりはおわりではあるけれど、またはじまるためのもの。

決しておわりはおわりではない。

そのような意味合いのメッセージが入ってきました。

そして、私の母なる方・・・もしかしたら私かもしれません。。。

女性が亡くなり、私はその行方を追いかける。

すると、その方は見る見るうちに胎児となる。

胎児はやがて勾玉の形をとり、もうひとつの勾玉と出会う。

それはよく見かける陰陽の形です。

そして、それは回転します。

ひとつは時計まわり。

もう一つは時計と逆回り。

それは気功でも教わるように女性と男性の氣の流れ。

その流れがバランスをとれば無。

それが宇宙。。。


というメッセージ。

この日、最初に廻る予定の波之上宮はイザナミの神様をご祭神としている沖縄の一の宮。

イザナミの神様は死後の世界や人の心の暗い部分を司る神様であられるけれど、それはまさしく自分でほったらかしにしている心の部分、無意識の部分に力を授けてくれる神様であられます。

ですから、開けます。

開けていない部分が開けます。

そして波之上を行く人生が始まります。

沖縄2

沖縄波之上宮2

波之上宮で祈りを捧げると、すでにその祈りは個人の意識を越えていきます。


沖縄波之上宮3

波之上宮から海を眺めると・・・。

猫が2匹、まるでシーサーのごとく公園の入り口に坐していましt。


今日も最後まで読んでkださりありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。神奈川に戻ってきました。昨日はホテルを5時に出てまわりました。
沖縄は午後7時を過ぎてもまだ明るく、とことん廻ってきました。少しずつupしていきますね。感謝~!!
2013.11.17 21:58 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:沖縄から"
那覇港付近の波之上宮は流石に波打ちきわに有りますね。沖縄に鳥居が見られて安心しました。この時期の沖縄は過ごし易いと思います。他のホットスポットの紹介を楽しみにしています。
2013.11.17 20:03 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1797-dea5becb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。