つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

沖縄だより2

734.jpg

斎場御嶽(せーふぁーうたき)です。

御嶽は古代から現代まで祈りが捧げられている聖地です。

鳥居や神社はありません。

磐座(いわくら)のみがあります。

この日、雨もしくは曇りといわれていましたが、夕方まで雨も降らず傘を携えながらも広げることはありませんでした。

写真でもおわかりのように斎場御嶽はまるでジャングルのように木が生い茂っています。

木の香り、そして清浄な花の香りに包まれ、蝶が飛び交う空間です。



741.jpg

いよいよ祈りの中心部へ入ります。

このころから光の加減がおかしくなってきました。

ジャングルのような場であり、暗いです。

足元はちょっと湿っています。

でも光が強くなります。

745.jpg

拝所です。

祈りを捧げていきます。

すでに個人的な祈りは消失し、先に行かせていただいた波之上宮と同様で、沖縄の弥栄、日本の弥栄、世界の弥栄、そして天地の弥栄へと祈りが変化していきます。

これは私が変化したのではなく、場のエネルギーが私を変化させてくれたのでしょう。

そういう場です。

鬱蒼(うっそう)としたジャングルの中なのに、光りがますます強くなります。

光りから光・・・エンドレスです。

748.jpg

754.jpg

759.jpg

次の御嶽です。

ここには聖水を溜める甕(かめ)が二つ置いてあります。

このお水をいただけるのは古代からシャーマン=巫女さんたちだけです。

上部の突き出た岩からしみ出る滴が聖水となります。

本当に清らかな大地です。

762.jpg

いよいよニライカナイ(神の住む国)を祈る拝所へ向かいます。

ここは三角岩で有名な場所ですが・・・、光が現れます。

763.jpg

宇宙の中心にいらっしゃる神様がこの場に満ちているといわれていますが、本当に極まってエネルギー値が上がっています。

771.jpg

ここはパワースポットとしても有名な場ですが、ここからジャングルの樹の隙間から緑の縁取り(ふちどり)のごとく久高島・ニライカナイを拝する場所ですが、この日光が満ち満ちていて写真にはうまく撮れませんでした。

この写真たちはCANONのIXYで撮りました。

このカメラは私のお気にいりで、CANON=観音です。(命名の由来です。)

IMG_1271.jpg


IMG_1280_20131117231329da5.jpg

上の2枚の山梨の木霊(こだま)さんたちも ほとんどがこのカメラです。

言葉は不思議です。

言葉が発する音によりエネルギーも生じている。

飛行機の中でもうひとつ受け取ったメッセージ。。。

音です。

音は言葉と同様。

飛行機でヘッドホンをつけた瞬間、はずしてって。。。

その意味がわかりました。

ニュースや映画・音楽もまたそれを作った方の思いがあります。

それにより、コントロールが起きる。。。

だから眠くなったり笑ったり怒ったり泣いたりする。

そのことにいいとか悪いとかはなく、ただ自分が受け取るときにボーっとしてなんでもOKではいかんなあと。。。

自分で選択して聞くのがいい。

すべてが干渉し合っている中で自分が何を受け取りたいか気づくことが大切だよってメッセージがきました。

つまりは すべてが自分が選択しているさまざまな事柄に自分で責任を持たず、コントロールされていうことに気づかずにいる。

そして、私の場合は飛行機のフライトが3時間弱でなんとなく暇だし・・・くらいの気持ちだったのでそれをやめました。

ゆっくりと自分の軸を立て直して、座り直しました。

沖縄の旅はどうやら自分の氣を立て直してくれる旅のようです。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。



※お願い:このブログの写真や言葉はどうぞ転載したりするときは、ひと声おかけ下さい。

先日、友人のヒーラーさんから、面白い写真があるよって見せてもらったら、それは私がブログに載せたものでした。

「それ、私の撮った写真だよ。」ていったら、「嘘だよ~。この子が撮ったって送ってきたよ?」・・・なんていうことになりました。

私は その写真を送ってきた方を知りませんでしたので なおさら驚きました。

でも巡り巡ってこんな場合も出てきてしまいます。

それは悲しいです。

私のブログを読んでくださること、本当に感謝しています。

ですからなおのこと、一言お声掛けください。

よろしくお願いします。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。昼間に木霊さんがカメラに映るのはなかなかないですよね。でも今回、あらら~という感じで首里城で現れました。写真を載せていく予定です。マブニの丘はまた違った祈りの場ですね。今回お伺いしませんでしたが、また違う感覚のものがいらっしゃるかと思います。
2013.11.19 20:21 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:沖縄だより2"
切り通しの様な場所の奥にある岩場は神聖な感じがします。不思議ですね、私のカメラには木霊は映った事がありません。マブニの丘での写真はどんなふうに映るのでしょう。明るい場所なので木霊は現れませんね。
2013.11.18 22:52 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1798-ad04458d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。