つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

永遠のゼロ画像はテレビから

永遠のゼロを観てきました。

昨年の夏に箱根元宮の宮司さんに読みなさいよと言われた永遠のゼロ。。。

言われてすぐに購入し、その日の晩に眠ることなく涙ながらに読んでしまった永遠のゼロ。。。

映画館ではあらすじはわかっていたものの、涙が静かに流れていく。。。

主人公の宮部久蔵の今では正しい命への向かい方。。。

当時は許されぬ思い。。。

パンフレットの中にオノヨーコさんからのメッセージがありました。

(「死にたくない」と叫びながら、愛する人の名前を呼びながら、死んでいった若者たち。

いつの時代も自らの命を奪うことなど、決してあってはならないことです。

誰もがこの世界の大事な一員なのです。

世界平和を実現しましょう。)

私たち日本人は すでに戦争を体験し、そしてその悲惨さを知っている民族のはず。

戦争によって得られるものは 勝っても負けても トラウマばかり。。。

いつになったら世界中から戦争がなくなるのでしょう。

力ではなく 愛で世界はつながれないのか。。。

原発の危険さよりも利益のために他国へ売買する。。。

私は原発もひとつの道具だと思います。

道具はうまく使用すれば徳につながります。

でも、その道具の解体法やゼロに戻すことができないのに 使用するのはあかんと思います。

大地を汚すことなく元の通りに戻すことができ、他への被害もなければいいです。

でもそうではない。。。



話を映画に戻します。

映画の主題は 家族です。

愛です。

日本の未来です。

平和への祈りです。


平和な世界は日本だけでなく、すべての国の人々の権利です。

私はそう思います。


サザンの蛍を載せさせていただきます。

「蛍」

愛の歌が途絶えるように

心の灯が消えたの

たった一度の人生を捧げて

さらば友よ 永遠に眠れ

青空は悲しい空

揺れる木漏れ日がせつなくて

夏が来るたびあの日と同じ

風が通り過ぎて行ったよ

涙みせぬように

笑顔でサヨナラを

また逢うと約束をしたね


何のために己を断って

魂だけが帰り来るの?

闇に飛び交う蛍に連れられ

君がいた気がする

生まれ変われたなら

また恋をするでしょう

抱きあい命燃やすように


涙見せぬように

笑顔でサヨナラを

夢溢る世の中であれと

祈り


関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
映画館すいていました。。。
熟年の方が多く、若い方にも見ていただきたい映画です。
命を大切にしていきたい・・・ですね。
どこの国の民族も大切な一員です。
北や中国の指導者の方は道教や儒教を今一度読み返されるといいかもしれません。
素晴らしい歴史を持っているのに残念です。
2014.01.07 05:37 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:蛍"
百田尚樹さんの「永遠のゼロ」は評判がよろしいようですね。未だ読んでいないのですが、映画も見てみたいです。戦争は絶対に合ってはならない事だと思います。しかし一方では降りかかる火の粉は・・・と言う事もあって「専守防衛」が叫ばれるところです。「Remember Hiroshima&Nagasaki」を世界に訴える事を忘れないようにしたいです。北と中国は何をするか判りません。平和を維持するって難しいです。それでもやらなくてはいけませんね。
2014.01.06 23:08 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1826-b262adcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。