つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

雪の日に

今日の神奈川は雪

昨晩は あるお店へ行ってきました。

マスターは役者さんだった方。

お店には 絵描きさんだったお父様の絵が数点飾られていて落ち着いたお店。

流れている音楽はブルーノート。。。

日付が変わるころに雪が降り始めるね。。。と、静かに会話を。。。


お父様の絵は フランスやイタリアの風景画に加え、日本の古都のものが。。。

絵に風が吹き、お店の空間が広がります。

絵はね、ただただ描けるものではないね。

そうマスターは語り始めました。

心を掴まなくては描けないんですね。。。と。

流れる音楽に心は解かれ、ゆったりした時間。。。

お父様の絵描き仲間でもある淀井敏夫さんの話へ。。。

海と鳥と少年

海と鳥と少年です。

この作品は世田谷美術館にもあります。

そのほか、渚や海など・・・、平塚市美術館でも淀井さんの作品を見ることができます。

淀井さんの言葉です。

少年のころ、鳥たちが谷間の空を自由に遠くまで飛びかい、


楽しげに梢でコーラスする姿を見て


鳥たちの讃歌の気持ちをつよめました。


その遠い少年の日のあこがれや、


草むす山家の自然の中で過ごした喜びを、


今は彫刻に宿し表現したいと考えています。


いつか私の彫刻が、風景の中の作品として溶け込み


調和してくれればと願っています。


マスターから、お父様の版画と、ブルーノートのCDをいただきました。

雪の日を、音楽と版画を見ながら過ごせるようにと。。。

私たち家族は マスターが役者さんであったことは数年前から知っていましたが、(テレビでおなじみの顔でしたので)それを話題にすることはありませんでした。

何故なら、役者さんであることが軸ではないからです。

そのお店の雰囲気と出てくる料理の真実・・・そして、マスターの人柄。。。

大磯に来てから10年近く。。。

私たちの食の在り方や、音楽や絵画への思いが自然とマスターと合致したのでしょう。

コルトレーンの音楽や日野照正の音楽にしびれ、惚れているからかもしれません。



実は昨日はエネルギーワークをしていました。

簡単なものですが、想いにより現実は変化する・・・を身体を使って実際に体験していただくものでした。

身体が軽くなったり、重くなったり・・・。

ポジティブシンキングとネガティブシンキング

ある参加者の方が語ってくれたこと。。。

「病は氣から・・・がわかりました~!!」と!(^^)!

シンプルだけど、これを掴むと幸せになれる。

そして、もうひとつのエネルギーワーク!!

怒りのエネルギーより愛のエネルギーの方が強い!!も身体を使って体験してもらいました。

これも掴んでもらうと もう 幸せしかない(*^_^*)

さて、今 大磯は大雪真っ盛り!!

こんな美しい雪の華の景色を見られるこの時間に感謝!!

自然に感謝!!

すると雪の日も楽しくなってくる。

※どうぞ、気をつけてお過ごしください。楽しむためには雪の日の過ごし方があります。車の方はタイヤを履きかえたり、歩く際は転倒に気をつけてください。雪の日のルールを守ってポジティブシンキングで楽しんでください。私はワンコ達とのんびり音楽を聴いて過ごします。




雪の華

のびた人陰(かげ)を舗道にならべ
 夕闇のなかを君と歩いてる
 手をつないでいつまでもずっと
 そばにいれたなら
 泣けちゃうくらい

 風が冷たくなって
 冬の匂いがした
 そろそろこの街に
 君と近付ける季節がくる

 今年、最初の雪の華を
 ふたり寄り添って
 眺めているこの瞬間(とき)に
 幸せがあふれだす
 甘えとか弱さじゃない
 ただ、君を愛してる
 心からそう思った



君がいるとどんなことでも
 乗りきれるような気持ちになってる
 こんな日々がいつまでもきっと
 続いてくことを祈っているよ


 風が窓を揺らした
 夜は揺り起こして
 どんな悲しいことも
 僕が笑顔へと変えてあげる

 舞い落ちてきた雪の華が
 窓の外ずっと
 降りやむことを知らずに
 僕らの街を染める
 誰かのためになにかを
 したいと思えるのが
 愛ということを知った

 もし、君を失ったとしたなら
 星になって君を照らすだろう
 笑顔も涙に濡れてる夜も
 いつもいつでもそばにいるよ

 今年、最初の雪の華を
 ふたり寄り添って
 眺めているこの瞬間(とき)に
 幸せがあふれだす甘えとか弱さじゃない
 ただ、君とずっと
 このまま一緒にいたい
 素直にそう思える

 この街に降り積もってく
 真っ白な雪の華
 ふたりの胸にそっと想い出を描くよ
 これからも君とずっと…



今日も最後まで読んでくださり、ありがございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
こちらは雨から雪に変わり、だいぶ雪が減りましたが道路は凄い状態です。雨が上がったら凍結するかもしれません。気をつけてお過ごしくださいね。昨日は停電に備え、キャンプのランタンを用意しましたが使用せずに済みました。ポジティブシンキングになるためには備えあれば憂いなし・・・でしょうか。
2014.02.09 06:03 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:雪の日に"
普段の生活をしていく上でもポジティヴスィンキングは大切ですね。気の持ちようが体の調子に影響するのは事実だと思います。夕暮れの外は雪が舞い降り寒さが足元に忍び寄って来ます。エアコンの効きも悪いです。「雪の華」久しぶりです。
2014.02.08 16:52 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1841-35978282
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。