つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

武器を持たない・売らない

小さな宇宙人アミ

この本たちをさらにさらに多くの方々に読んで欲しい。。。

子どもたちへこの地球が美しい星のまま渡せるように。。。


にゃんこのマオが逝った日の朝の新聞で下記のような文が目に飛び込んできた。

秘密保護法案が通った今、これからどのようなことが起きていくのだろうか。

どのように審査しても・・・どこかでだれかが傷つく。

私の母は学徒動員で岩手から神奈川に来て弾を作ったそうだ。

下手くそなので返品だらけということだが、いくつかは戦地にいき、誰かを傷つけたかもしれないと話していた。

いらない・・・武器・・・いるのは愛だけ。

原子力発電所の不祥事さえいまだに解消されずにいる。

今なにするの・・・。

今なにすべきなの・・・。

そこを考えてほしい。

安倍さんのお顔も変化しているように見えるのは私だけだろうか。。。

ファントムもミサイルもいらないでしょう。

それらがなくなるように 日本はたくさんの使命があるのに なぜそこを見ない。。。

愛を発信できる国になってほしい。。。


[東京 23日 ロイター] -政府が見直しを検討している武器輸出三原則の新たなルールの素案が、23日までに明らかになった。

 これまでは武器の輸出や技術移転を全面的に禁じ、必要な場合に例外措置を講じてきたが、新たな原則では「輸出を認め得る場合を限定し、厳格に審査する」と、一定の条件のもとで輸出できるようにする。政府は与党と調整に入り、3月にも閣議決定したい考え。

 関係者によると、政府が検討している新たな原則は、1)国際的な平和・安全の維持を妨げることが明らかな場合は輸出しない、2)輸出を認め得る場合を限定し、厳格に審査する、3)目的外使用・第三国への移転は、適正管理が確保される場合に限定する──というもの。

 従来の原則通り、国連安保理決議などに違反している国には輸出を禁じる一方、国連平和維持活動(PKO)の派遣先の要請で自衛隊が装備品を置いてくるなど平和に貢献しうる場合や、武器の共同開発など日本の安全保障に有益な場合は可能とする。目的外使用と第三国への移転は、これまで通り相手国に日本の事前同意を義務づける。

 実際の輸出の可否は、安全保障に関わる貿易を審査する経済産業省が判断。重要な案件は、新たに設置した国家安全保障会議で関係閣僚が協議する。

 武器輸出三原則は、1967年に当時の佐藤栄作内閣が1)共産国、2)国連安保理決議で武器輸出が禁止されている国、3)紛争当事国やその恐れのある国──に輸出を禁じたのが始まり。79年に三木武夫内閣がすべての国への禁輸を決めた。しかし、兵器の共同開発が世界的に主流になりつつあることなどから、日本政府は官房長官談話を出して個別に例外を認めてきた。

 関係者によると、政府は昨年末までに三原則を見直す考えだったが、公明党が難色を示して遅れていた。
朝日新聞より抜粋
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "まり姫さんへ"
まり姫さん、ありがとうございます。
本当に武器ではなく、花が咲いたらそこには笑顔しかないと思います。
そんな地球になってもらいたいです。
2014.02.27 05:56 | URL | #- [edit]
まり姫 says... "Re:武器を持たない・売らない"
こんにちは~♪
地球上からすべての武器をなくすべきですね。
それが憎悪や争いをなくすための人間の知恵だと思います。
2014.02.26 17:28 | URL | #8m8hig/. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1852-0898fdce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。