つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

祈り

祈り

与えられていることに気づく

生命(いのち)の奇跡に気づく

呼吸の奇跡に気づく

音の奇跡に気づく

色の奇跡に気づく

あなたに出会えた奇跡に気づく



すべてが与えられていることに気づく


私の  今  です。


私という存在を振り返れば すべてが奇跡の連続で 今 があります。

その 今 でさえ、奇跡です。

ここにいること、ここでパソコンを打てる幸せ。

その奇跡には 身体があってこそ。。。

肺や心臓などなどの内臓があること。

その身体を心を魂を・・・ずっと繋げてきてくれた奇跡の連続。。。

すでに与えられているこの奇跡に感謝しかありません。



人は判断や評価をしがちです。

それは自分を護るためにやってきたこと。

それに対し私はすでに是非をとりません。

今の私・・・という存在に関しては 面白いことに自分の思考や感情やルールと異なる方と出会えた奇跡に感謝する。

そのような心になっています。



心のお話を少しします。

自分の生き方に悩む生徒Aがいます。

(彼女は自分が次々と好きな男の子が変わることに悩みを持ち、自分は本当の愛がわからないかもしれない・・・と悩むことにより、授業に出れなくなることが多くなってきた繊細な女子高生です。)

そこには担任Bがいます。

級外の教師CがAのキーパーソンとして存在します。

すると、BはCに対してAを返して欲しいといいます。

もちろん、BはAを取り上げたのではなく、逆にクラスにAを戻すためにキーパーソンとして自然に役割を果たしただけです。

Bの方の心を観ていけば、いろいろな自分に当てはまる部分があることに気づくでしょう。

プライドや嫉妬・・・などなど。

そして一番大切なことを忘れてしまっていることに気づきます。

Aがいかに落ち着いてA本来がLifeCircleへの道筋に戻るかが重要です。

また、AがB個人の所有物ではなく、学年・学校を超え、日本そして地球の子供であり皆で育てる・・・という観点にたてば、BはCに対しても温かく感謝でその行為を受け止めることができます。

すべてが輪です。


この一連の流れの中で 私 は 私を手放していきました。

Aに対してもBに対してもCに対しても自分に対しても・・・。

手放すはゼロを意味しません。

評価や判断などを一切手放す・・・ということです。


大切な軸・・・を ただただ見つめまっすぐな道を拓く(ひらく)ことだけが重要です。




今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

たくさんの愛をこめて。羽菜
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。はい。Aさんはおそらくはじめ戸惑いがあったかもしれませんね。Cさんは部活の顧問。運動を通してです。誰がキーパーソンになってもいい。受け止められる心があれば。。。強要しない心そしてまずはAさんの心を聞いてあげる(傾聴)ことが大切ですが、なかなかそれができず高圧的になってしまいがちな方もいらっしゃいますよね。紐解くことは大変ですが軸を根底にゆっくりAさん、Bさん、Cさんの関係が円になればと思います。
2014.02.28 05:04 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:祈り"
人が人を評価したり導く事って大変難しいですね。少女Aさんの場合二人の先生の間に挟まれてどちらの言う事を信じて良いのか迷ったのではないでしょうか。現在の教育環境では担任と折り合いがつかず、塾又は予備校の先生を頼る子供が多いと思います。学校の先生を信頼できないって寂しい事だと思います。
2014.02.27 20:57 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1853-a9991ddc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。