つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

愛と感謝

971615_42384730_20131029053958e9d.jpg


人は生き、人は人生を旅する。

地球もまた旅人のひとり。

木火土金水(もっかどこんすい)もまた旅人のひとり。

宇宙もまた旅人のひとり。

木火土金水は星でもある。

すべてのバランスをとりながら、運航することが大切。

私が小さなハコベの時、ハコベは薔薇に嫉妬するだろうか。

おそらくは ハコベはハコベの生命(いのち)を精一杯生き抜くのみであろう。

薔薇はハコベのけな気さに嫉妬するだろうか。

おそらくは薔薇は薔薇の生命を精一杯生き抜くのみであろう。

木火土金水は身体の中にもある。

火は心臓であり、水は腎臓もある。

もし、腎臓が心臓になりたいと考え、心臓になったら私たちの身体は奇形になる。

もし、心臓が腎臓になりたいと考え、腎臓になったら私たちの身体は奇形になる。

DNAは間違いなく、心臓は腎臓の細胞へと腎臓は腎臓の細胞へと遺伝子を受け継いでいく。

そんな当たり前の神秘さ。

宇宙や身体は常に真理を伝えてくれている。

ひとつひとつの臓器に感謝すらすることなく、生きているのが当たり前だと思っているけれど精妙な動きがそこにあること。

もし、爪から髪の毛がはえてきたらどうなのだろう。

非常に不便でなおかつ嘆き悲しむであろう。

人にはひとりひとり、素晴らしい使命がある。

自分という存在の生命を輝かす。

精一杯生命を生き抜く。

その時、すべてが順行する。

嫉妬や執着、怒り、怖れ、不安などなど、それはいらないことに気づく。

それを手放したとき、すべての存在が生命を輝かし生きていることを愛おしく感じるであろう。

生命を旅するとき、嫉妬しながら旅を終えるか。

生命を旅するとき、執着しながら旅を終えるか。

生命を旅するとき、怖れながら旅を終えるか。


私は生命を旅するとき、愛と感謝で旅を終えたい。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。 >
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。本当にそうですね。クローンの技術に関してもそれは自分たちの職を満たすために使用されていると思います。今も過去も親から保育を拒否され、自分のルーツを見失う子供たちが少なくありません。ましてや、自分がもし試験管から生まれてきたら自分の心をどこへ持っていったらいいでしょう。大切な魂の問題を見失ってエゴを満たすために科学が進むとき、その未来はどうなるのでしょう。悲しいですよね。一番大切なことは親は親として子は個として、大人は大人として子供は子供として今生きることの大切さを学べるように道をたがえず、進んでいってもらいたいです。
2014.03.07 05:26 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:愛と感謝"
近頃悲しい事件が相次いでいますが、人の心の問題について十分な教育が成されているのか心配です。IPS細胞などにより臓器の再生も不可能ではない時代に入りましたが。人体の神秘に挑戦しているようで、これが本当の幸せに繋がるのだろうかと思っています。天命で静かに去る(逝く)のが人生の様な気もします。IPS技術の手術は年齢に制限を加えても良いのかもしれません。若い人にこそ再生技術が必要であるべきだと思います。道徳教育の中では挨拶、愛、感謝、魂、尊厳、感動、思いやり、悲しみ、いつくしみ、優しさ、幸せ、奉仕などについて徹底したプログラムにして欲しいと思います。大きく的を外れました。トホホホ
2014.03.06 22:00 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1856-f489a892
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。