つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

箱根へ

けけら木

三連休の最終日、箱根へご参拝に向かうことにしました。

大山、江の島・・・も考えましたが、箱根・・・と頭の中で響きます。

箱根が久しぶりに呼んでくれているのかしら・・・と思いましたが、おそらくは私の方が箱根を呼んだのでしょう。

雪がどうなっているかわかりませんでしたが、車で向かいます。

おかげさまで、雪は残っているものの、道路は正常な状態で箱根神社の境内駐車場へ到着。

駐車場の前のけけら木がお出迎えしてくれました。


(「けけら木」は、湖水の心なる木ゆえに「こころ木」ともいわれ、鎌倉幕府三代将軍源実朝公が当神社に初詣した恒例の「二所詣」の折には、次の和歌を詠んでいます。

 たまくしげ 箱根のみうみ けけれあれや ふた国かけて なかにたゆたふ 源 実朝

(歌中の「けけれ」は、上代東国の方言で「心」の意)

この木は、先年、夏の湖水祭・例大祭の翌日、この地方を襲った台風の影響により、芦ノ湖が荒れ、浮遊したもので、この地に遷されました。
湖中には今なお千古の謎を秘めて、「目代木」のほか、萬巻上人が九頭龍を調伏して繋いだ栴檀伽羅木、錫杖木、故杉、影向杉があり、芦ノ湖の五名木と呼ばれています。

看板より )


けけら木にお迎えされたころから、どうも心身ともに軽くなってきました。

・・・というより、箱根の山に入ってからかもしれません。

箱根の山は小さい頃からよく行く場所のひとつで、山に抱っこされているような感覚があります。

やはり、私が呼んだんだな(笑)

箱根神社3月23日

まだ8時半なので人は少ないものの、朝早くからご参拝される方がすでにいらっしゃいます。

箱根神社参拝では 巫女さんの鈴と謡が聴こえてきます。

なんとも神聖な心根になります。

箱根神社からメッセージをいただきました。

さまざまな心模様をこの大地に還しなさい・・・と。

言葉は和歌で入ってきました。

そしてそしてもっと大きな心を広げていきなさいと・・・。

胸・・・痛いけど、背中があたたかくなりました。

箱根大神様ありがとうございます。


(箱根大神は日子番能邇邇藝命(ひこほのににぎのみこと・日本を開拓した祖神)と木花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ・富士山のご祭神)との子で三男の彦火火出見尊(高千穂)のことを現します。

彦火火出見尊は日子番能邇邇藝命に「自分の子ではない」と疑われ、佐久夜毘売がその疑いを晴らすために産屋に火をかけて、その火の中で生んだ三人の子の末で、火が消えかけた時に生まれたので火遠理命(ほおりのみこと)という名前もついています。)

箱根神社には、富士の高みへと登っていく御神氣があります。

功徳としては 人のさまざまな関係を結んだり、冷静に自己を見つめることができるといわれています。

もっと大きな心を広げる・・・とは、まさに私への大切なご神徳なのでしょうね。

人との関係に関してはまさしく、自分の心がいかに人のせいにせず、裁かず、受容していくか。。。

神様たちや山々のように懐を大きくしなさいよ・・・ということかな。

箱根は、私の呼びかけに対して大きく受け入れてくれた。

感謝でいっぱいです。

九頭龍ご神水

九頭龍のご神水です。

私もご神水を神棚と、護符の文字ようにお水をいただきました。

箱根奥院

箱根奥宮へ。

神山を神籬としての奥宮。

今回も神主さんとお話をさせていただきました。

夏に永遠のゼロを教えてくださった神主さんです。

今回は天野篤さんの熱く生きるを勧められました。

また取り寄せて読んでみようと思います。

箱根奥院より富士

奥宮から望む富士です。

自衛隊の野焼きが行われ、幾分煙っていますが、この日も天空に在りました。

富士からの龍脈が通る箱根神社の神縁に感謝して



今日も最後まで読んでくださり、ありあとうございます。
ちょいといろいろなことがありました。

なので、箱根が受け入れてくれたのでしょう。

元気にまた生きていける。

そんな力をいただきました。

ご訪問ありがとうございます。

またお伺いさせていただきます。

元気もらったから~(^◇^)>
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
箱根はいいですね。冬の間、チェーン規制がありましたので、やっとお伺いすることができました。
湖水にはかなりの神木があるようです。けけら木となるのかどうかわかりませんが、龍の寝床になっているかもしれませんね(*^_^*)
2014.04.12 19:32 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:箱根へ"
箱根は神山、水、大杉など神域に相応しい環境が整っていますね。”けけら木”は四つになって相撲をとっているようにも見えます。テレビで芦ノ湖の底に木が立っているのを見ましたが、あれも”けけら木”なのでしょうか。」
2014.03.24 16:58 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1867-1563d7b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。