つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

アボリジニの教え

ティートゥリー (259x194)

最後の木の一本が切り倒され、最後の川が汚染され、最後の魚が捕えられた後、そうなってはじめて 金銭は食べられないと気づくだろう。

アボリジニ(オーストラリア原住民)族長の言葉






沖縄、そして箱根と連続して旅を続けていました。

自然との対話の中、箱根では動物たちの命と向き合う時間をいただきました。

人として生きること。

この生き方を考えているとき、ティートゥリーと出会いました。

ティートゥリーはオーストラリアで出会いました。

そして、4月1日にその木に託された言葉に出会いました。

アボリジニの言葉です。



地球が好きだなあと。。。

地球のすべての命が永遠に繋がっていきますように。。。
 
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1870-12f58012
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。