つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

冒険するガジュマル

ガジュマル

なかなか更新できずに日々が過ぎていきました。

自分の中に たくさんの 「ねばならない!!」があることに向かい合っていました(*^_^*)

自分で自分の呪縛を解かなければ、前に進みません。

・・・で、自分にどうしたい?って聴きながら過ごしていました。

その中のひとつ。

何故、月響庵なのか。

大磯や平塚の野山を散策し、たくさんのハグを受けながら やっと楽になってきました。

月響庵はがっきょうあんと呼びます。

この名前は月京という私の住む町の名前からいただいたもの。

そいて、古来はがっこうと呼んでいたらしいことがわかりました。

がっこう・・・学校です。

おそらく、平安くらいのころにあったのでは・・・と、伝えられています。

そして、私の住む町の氏神神社は六所神社。

一の宮は寒川神社です。

もうすぐ、5月5日に「こうのまち」という祭りがあります。

一の宮から六所まですべての神社が大磯の神揃山に集まります

一の宮お神様は実は兵火に見舞われ、正しい記載がありません。

その中で、古書に寒川の神様は菊理姫(くくりひめ)だと書かれている文章に出会いました。

(惣土風土記より。)

菊理姫は白山の神様として知られています。

そして、白山は私の父の氏神様でもあり、私もご縁があり、何度か足を運ばせていただいています。

しかしながら、何故、今、私は神奈川の湘南に住んでいるのだろうと考えると寒川さんのことがようやく分かり、なるほどと思います。

父とは縁が薄いと思いながら生活してきましたが、実は縁をいただいて今がまさしくあるんですね。

菊理姫は大祓い祝詞に出ていらっしゃる神様です。

住吉の神様方と同じく浄化の神様です。

そして、5月5日の「こうのまち」は、かつて2月4日に行われていたものです。

禊祓いして、新年を迎える・・・という意味合いなのでしょう。

現在は さまざまな暦の変遷により、5月5日に行われるようになりました。

そうなると、菊理姫が寒川神社の神様で祓い・浄化の神様であるので腑に落ちます。

まずまずそんなことを探求しながらの日々を過ごしていました。

また、この4月から、ふたつのプロジェクトが起き始めています。

ひとつは沖縄で。。。

もうひとつは地元で。。。

このふたつのプロジェクトを本物にするためにかなり、自分を見つめました。

だってね、今年の目標は 「迷惑をかけない」・・・ですから。

当たり前のことですが、沖縄の方にも地元の方にも迷惑をかけず、より一層幸せになっていく方策を思案しています。




冒険するガジュマル

・・・それが、実は足かせになりました。

自分への呪縛です(笑)


今更ながらおかげさまですが、エンジェルカードマスターでした。

私・・・(*^_^*)

日本の神託カードをひかせていただきました。

カードは何十種類とあるけれど、今日は日本の神託カードだねって選ばせていただきました。

そして出たのは・・・・

・・・なんと、「冒険するガジュマル」???

出てしまいました。

フェイスブックでお知らせさせていただいていますが、このガジュマル・・・。

11月に初めて行って、出会ったキジムナー「キジムナーは精霊でガジュマルは住処」。。。


別れが寂しくてガジュマルの幼木を購入。

そして、植え替えをして大きくして沖縄に戻す予定の子です。

冒険するガジュマルのメッセージは

「固まった思いにとらわれないでください。

私たちは旅をする樹。

樹でありながら なんとも自由です。

ありとあらゆる形に枝を伸ばし、根を伸ばし、私たちは歩きます。

自由と安定は同じ場所に、ともに存在することができるのです。

安心して自由を獲得しなさい。」

でした。

なんともね(*^_^*)

ガジュマルの樹は、生命のシンボルです。

ガジュマルの精霊は次々に数えきれない根っこを降ろし地面に頑強に根付いているように見えます。

でも、実はとってもワクワクドキドキしながら、冒険を楽しみます。

本の幹の大地の部分にすでに栄養がない場合、根はやがて幹となり大地を移動します。

停滞したエネルギーを循環のエネルギーとして生命力を与えるガジュマル・・・。

年老いた感覚を新鮮な感覚へと導いてくれました。

自由でいい。

楽しんでいい。

その時、逆に真の安定がくるんだね(*^_^*)

わかっていそうでわかっていなかったよ。。。

ありがとう。




今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

ちょい、休みがちなのに読んでくださり感謝です。

たくさんの愛をこめて。。。

佳い週末をおすごしください。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。川中島は主人の実家のすぐそばにあります。そうですね。タイミングというのがあります。でもどちらにしても覇権争い。天下をとるのは己の欲か。。。なかなか難しいところです。さまざまな人の争いごとに付き合うこと。。。もういらないかもしれませんね。すでに20世紀で終了し、21世紀はすべてが祝福のうちにあることが本来の地球の使命であるのだろうと思います。そんなことをいっている私ごときも時代の流れに流されていきそうで、これを食い止める自分を律するのに必死です(^_^;)
2014.04.15 19:48 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "凄い武将"
川中島って長野市に有るんですね。長野県でも新潟寄り、上杉謙信も驚いた事と思います。上田は長野よりも南になるので川中島への橋頭保だったのかも知れません。凄い武将達が覇権を争っていたんですね。ただ天下を取る為にはタイミングが悪過ぎました。もう少し、あと10年生かしてやりたかったです。
2014.04.14 21:41 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1873-39f2e9dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。