つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

祝福

こうのまち2 (412x640)

祝福はとても大切な言葉だと感じています。

大磯のこうのまちというお祭りでのワンシーンです。

この他の画像は森野羽菜のフェイスブックでご覧ください。

数枚載せてあります。

巫女さんの髪に結ばれた折符の美しさを映しました。 

しかしながら、千年続くこのお祭りに際し、すでに六か所の神社(寒川神社・川勾神社・比々多神社・前鳥神社・平塚八幡宮・六所神社)の祝詞、そして人々がこのお祭りを残していこうという思いがオーラを醸し出します。

普段と変わりなくシャッターを切りましたが、巫女さんや山はすでに祈りのMAXに応えてオーラが映しだされています。

このお祭りを存続し、またこのお祭りがあることに感謝する気持ち。。。

それが反映していきます。

祝福していくと、来年もまたこのお祭りは引き継がれていきます。

未来永遠と。。。

しかしながら、相手を滅ぼそうとする思いがあれば、自分だけが助かればいいと思う思いがあれば、未来へ引き継がれていきません。

相手を祝福すると自分が祝福されていく。。。

このシステムが地球を存続する最高の法則です。

すべての方がそれを知っています。

でも、それを遂行できないでいる。

そこには エゴがあります。

つい先日、新聞の記事を読みました。

人は大義名分があると、他を傷つけても名誉となり罪の呵責を持たない。

そして、歴史と共にその受け取り方が変化する。

歴史と共に変化することは 真実ではありません。

歴史の流れ野中で私たちは生きていますが その中で真実を知り生きていくことが大切です。

また、ラジオから流れてきた歴史のこと。。。

天文学の父ガリレオをローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が謝罪したのが350年後の1992年の昨日だったそうです。

私たちは自分の視点から物を見ることが多い。

グローバルな視点を持つことが大切です。


information
※5月29日(木)沖縄・恩納村工房でパステル講座開催(エコツワーをはじめ、多くの正常化のワークショップを行っている工房です。)

※5月31日(土)ディヴァインモーメント・大野南公民館で開催


※昨日5月10日(土)Ring~前世とカルマ~ご参加ありがとうございました。ラルーン主月先生の講座は私たちの心のねじれを戻す作用があるとあらためて思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
靖国にも私は参拝したことがあります。梅の花が美しかった。
さまざまな歴史があり、私たち日本人は今がある。
日本に戻ることができなかった日本を愛する方々もいらっしゃいます。
他国を見ると、みな英霊として祈りを捧げているのがうかがえますね、
現在は近隣の國が太っ腹ではなく、千年の恨み・・・などなどを伝えています。
今回の船の事故も千年の恨みを持って過ごしていくのかもしれません。
恨みを持っていても解決にはならず、よりよい方向を持つことが大切ですよね。
間違っていた部分を修正し、善い方向へ転換するときすべてが良い方向へ向かうと私は思っているのですが。。。
2014.05.12 05:28 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "思いやり、祝福が"
折符を付けた髪の辺りから肩にかけて仄かに明るくなっていますね。真っ白な布に光が乱反射している事も手伝って神秘的で素晴らしい写真だと思います。このような祝福が未来永劫続けていけるよう願ってやもません。その為の基本的な行いとして相手への思いやり、祝福が有るのだと思います。やはり教育は大切だと思います。靖国だって日本人的には英霊に対して「安らかに」と言う思いは有っても良いのではないでしょうか。明治後半からの歴史教育が正しく実施されてこなかった事は問題が残ります。ちょっと逸れてしまいました。W
2014.05.11 21:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1882-a849e036
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。