つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

森戸神社

150207_1419~02 (355x640)

150207_1418~01 (640x379)

150207_1410~01 (454x640)


mini_150207_1435 (640x372)

mini_150207_14340001 (366x640)

150207_1434~01 (262x640)

土曜日、葉山の美術館に行ってきました。

金山康喜という方の作品です。

館内で彼の魂と向き合う時間をいただきました。

彼は、大変賢い方で、計算された画面を構造化していきますが、それをこえて彼の魂の希求するものが館内に溢れていると感じました。

さてさて、私事ですが触れてはいけないものに触れた・・・そういう感を持って数日間過ごしていました。

私たちヒーラーは 縁をいただいた方に徳を分けていくことであるといわれています。

徳を積むのは偽善ではつめないものです(笑)

んんん~!!

徳がたらんのやな~と思いつつ、さて この違和感をづしたらいいかなと思っていました。

しかしながら 日々淡々と過ごす。

家宝は寝て待て

というメッセージ

焦ってもなんもならん。

いつでもゼロからのスタート

そのような気持ちでいましたが、どうにも不具合を感じます。

バランスが違う。

ずれている。

・・・と過ごしていました。

そして、土曜日を迎え葉山に行く機会をいただきました。

一色海岸より堀之内まで歩き、森戸神社へと導かれました。

そして、沖縄の波之上宮に似ている・・・!!と感じました。

プライベートビーチやお宮の立ち位置。

これはなにかある・・・と感じました。

ご祭神

大山祗命(おおやまつみのみこと)

事代主命(ことしろぬしのみこと)

森戸神社は葉山の守り神ですが、災厄が生じると加持祈祷が行われ、七瀬祓の霊所としても重要な地であったと記され、源氏はもとより鎌倉要人からも篤い信仰があり、特に三浦一族の祈願所でもありました。

七瀬祓は平安中期以降,宮中で毎月または臨時に行われた祓。

天皇の災厄を移した人形(ひとがた)を七人の勅使が七か所の水辺(大七瀬・霊所七瀬・加茂七瀬などの組み合わせがある)に流すもの。

一般貴族もこれに倣(なら)い,また鎌倉幕府も鎌倉に七瀬を選定した。

七瀬の禊(みそぎ)。

ナナセノハライ(七瀬祓)

古昔、朝廷に於て行はれた祓の一種。

七箇所の河海に臨んで行った。

七瀬には三種ある。

(1)難波・農太・河俣・大島・佐久那・谷・辛崎で、これは単に七瀬とする。

(2)河合・耳敏川・松崎・石影・東瀧・西瀧・大井川で、これを霊所七瀬と呼ぶ。

(3)川合・一條・土御門・近衛・中御門・大炊御門・二條の末で、これを加茂川七瀬といつた。

後には鎌倉幕府でもこれに倣つて由比ヶ濱・金洗澤池・固瀬川・六浦・柚川・杜戸・江の島龍穴を以て七瀬とした。

神道大辞典(臨川書店)


森戸神社に導かれたのは 自分自身のハイアーセルフ(守護霊)のおかげさん。

みそぎ橋を渡り、潮風に吹かれ、まがごとがふきとばされていくのを感じます。

森戸神社はおもしろいことに大山祗命もご祭神となっていらっしゃます。

海と山に護られているこの湘南は 本当にあたたかく優しい国です。


森戸神社は 逗子駅からバスが出ています。

天気の良い日は 歩いてもいいかもしれません。

温暖です。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。私も近くて遠い森戸神社でした(笑)
若い頃は、いくら傍にあっても気づかなかった(笑)
必要な時に 必要な情報が入るのかもしれません。
葉山は 御用邸のある場所だけあってよい場がいくつもありました。
2015.02.24 05:34 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "七瀬祓い"
各地の七瀬は鴨川の七瀬を範としたのでしょうね。祓いと禊を代わりの人形で行うとは便利なことを考えたものです。それでも神武天皇から今上天皇まで125代も引き継がれて来た訳ですから「人形」も素晴らしい伝承だと思います。森戸神社を横目に見ながら泳いだことがある森戸海岸ですが「七瀬祓い」は初耳です。有難う。
2015.02.09 11:38 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1953-a83cffec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。