つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

神の島へ

20150603050230861.jpg

5月31日、沖縄へ

今回はANA

プロペラのイーグルとともに飛行

この日、竹富島や石垣島は暴風圏内で1時間に120ミリの雨が降っている。

おかげさまで、どこに行っても雨に会うこともなく、お日様で日焼けするほどだった。

午後12時に到着し、かねてより、行きたかった神の島 久高島には 今日は無理かとも思った。

今回、同行してくださった方が先に到着し、レンタカーを用意してくださったおかげで、安座間港へ島上陸のギリギリの時間に間に合った。

行くことを拒否されなければ、すべてが巡行となる。

また、行かれない時もまた、それがその時の巡行となる。

すべてをお任せしながら、フェリー乗り場の待ち合いで少々の時間をいただいた。

同行の方が、島のオバーであろう方と話をしている。

私も話に参加させていただいた。

引退したノロ(祝女)であった。

琉球をはじめとし、本土、世界、宇宙すべてが平安で永久に存続する祈りを捧げるためにきたことを伝えた。

かつてのノロは、ゆっくり島言葉で祈りの場を数箇所教えてくれた。

それは まるで 神様からの言葉を伝えているかのようだった。

2015060305022944f.jpg

5月29日、口永良部島が噴火

5月30日、地震

かつての私なら、この状態で沖縄を目指すことはなかっただろう。

箱根に祈りに行った時も、そして今回も、だからこそ今だからこそ祈りにいく。

私が師と仰いでいたNさんは 1999年の頃、世界中に祈りを捧げに行っていた。

まだ、よくわかっていなかった私はNさんだから。。。

とか、いろいろな言い訳を作っていた。

やっと、時を経て、下丹田が揺るがずに旅立つことができた。

島のオバー(ノロ)から教えていただいたチェックポイントのひとつ、フボー御嶽。

島人のみが入ることを許されているので、入って良い場所まで行き、祈りを捧げる。

勾玉が回転し、風となり嵐のごとく響き始める。

勾玉は やがて男の方の顔となり、そして神のような形をとり風となる。

んんん。。。?

まるで歌のようだ。

フボー御嶽はクボ―御嶽とも言われている。

クバという聖なる木が生い茂っているから名前がついたとも言われている。

七大御嶽のひとつで、かつて神々が降り立った場所のひとつといわれている。

現在も儀式が執り行われている。

久高島のものは、貝殻や石、樹木などすべてのものを採取してはならない。

また、住民は土地を所有していない。

それは神々からお借りしたものだから。。。

土地は住民に等しく分配される。

こんな島が日本にあること。

大切にしたい。

男子禁制の場で、かつては女性は入ることが許されたが、クバの木を勝手に伐採したり、島のノロ以外のユタや男子が入ったことにより、島人と神人以外入ることができなくなった。

神人とは天皇家の方々である。

2015060305022738a.jpg

久高島の道


20150603050854169.jpg

沖縄本島へ戻り、久高島を望む。

全身によきエネルギーをいただき、オーラ(自分の身体の周囲のエネルギーフィールド)がキラキラと輝いていくのがわかった。

また、沖縄の話を書いていこうと思う。

この旅は 祈りの旅です。

祈りと瞑想により、神々と会話をし、地球の平和を祈願する旅です。

フィールドが すべて神々からのものであることを知り 大切に護りながら行動するたびです。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
そうなんですね。私は今回初めて知りました。
沖縄本島から必要な物資は買い出しに行っているようですが、イシキ浜というのがあり、久高島には昔、何も食べるものがなく、その浜に金色の壺が流れ着いた。神様からの贈り物といわれていますが、五穀が入っていて、それから久高島では農作物がとれるようになったといわれています。同じ日本ではありますが、どうにも感覚が違います。祈りは感謝をノロは行います。琉球や世界の平和と神々への感謝の祈りです。
2015.06.06 06:10 | URL | #- [edit]
森野 羽菜(もりの はな) says... "シナモンさんへ"
シナモンさん、ありがとうございます。
みながんじがらめですよね。
私もそうです。
からまった紐を一つずつ、緩ませてはずしています。
どうぞ、またお待ちしています(*^_^*)
2015.06.06 06:02 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "習わしの極致"
久高島のような風習が日本各地に有っても良いですね。基本は自作自農でしょうか。豊かな自然がないと無理だと思います。土地を所有していない話はテレビで見た事が有りますが習わしの極致のような気がします。
2015.06.05 21:29 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]
シナモン says... "突然ですが…"
ブログ読んでる内に…ファンになってました(≧∇≦)キャー♪
なんかこう純粋な優しさを感じたんです。
少し冷静さを取り戻せた気がします
今の私は、思い足枷が足のみならずなんかもう両足両腕にはめられてるんじゃないかと思うぐらい心だけじゃなくて体までしんどくて…。

森野 羽菜(もりの はな)さんも日々、苦労や悩みお持ちだと思うのですが相談とまで言わないので私の話聞いてもらえたりしませんか?

耳を傾けて頂けるだけで有難いです
お返事を本当に心から待ってます。
ご迷惑ならコメント事私のことも消してください。すみません。
2015.06.05 21:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1969-b2baefa4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。