つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

植物に寄せて

本格的な夏が来る前に庭の手入れをしました。

トマト

150614_1044~02 (454x624)

Tちゃんから、ポット苗でいただきました。

グルホで育ててね・・・ということでしたが、ポット苗のトマトさんたちはまだ弱いので、自宅で大きくなるのを待ちます。

陽ざしが強い日だったので、今日はひさしの中で養生。

もうすぐ、ひとりだちしてもらいます。

トマトは完成美、感謝という花言葉を持ちます。

昔から、トマトがあると医者いらず・・・といわれています。

グルホの子供たちの食事に彩りを添えてくれるのが楽しみです。

ユッカ

150614_1044~01 (360x640)

主人が会社から連れてきました。

何年も部屋の隅に追いやられ、水をあげなかったり、突如大量な水がきたりとユッカの植生とは違う育て方をしていたようです。

我が家にきて、養生していますが、これからは我が家の仲間入りです。

青年の木、成長、勇壮などの言葉を持っています。

玄関に置くと邪気を払うといわれていますが、主人が何気に置いた場所は玄関。

面白いというか、自然なことなのかもしれません。

もうひとつの幹だけのものも、根っこがまだまだ元気なので、生き延びてくれるのを祈ります。

ヤマモモ

images (259x194)

大磯に住む前の庭にもあったヤマモモ(前の住人の方が植えていらした)。

大磯に住むことになった今も庭のシンボルツリーとしてすでに植わっていました。

実は、果実酒にするとほんのり甘いピンク色のものになります。

ジャムにもなり、我が家では毎年恒例の常備果実です。

魔除け効果が高いといわれています。

鬼門の方向(東北、南西)またはT字路になった道のつきあたりなどにもおすすめ。

ここから先は、琉球の庭園という本から沖縄に思いを寄せて調べたものを載せていくことにします。

リュウキュウマツ

imagesODZNGQPP (275x183)


昔から「松竹梅」と言うように、めでたい木の代表。

正月には神の依代の役目を果たすといわれ、松飾や門松を置くと神が降りてくると信じられている。

門かぶりの松の下をくぐると、長寿と健康になるとされる。



ホルトノキ(ワカギ)

imagesWC6ZY075.jpg


「カリーな木」(縁起の良い木)として屋敷内に好んで植えられる。

火の神様や神棚にも供えられ、正月の若水とともに若木(ワカギ、若返るの意)として用いられた。

縁起のよい木なので、庭のシンボルツリーとしても。

ブーゲンビレア

f1cd3b94c95e6edd2af4d86e3066f03a (640x427)


沖縄の人々に広く親しまれている植物。

トゲを持つという性質を利用して門周りや塀にはわせて防犯対策に活用している家庭も多いよう。

トゲで泥棒を退治するというより、美しい花で悪い心を払うともいい、松の門かぶりで福を招き、ブーゲンビレアで悪を払うという考え方もある。

カンノンチク

images_20150617051702d05.jpg


地方によっては玄関の脇に置き、邪気を祓い、その上泥棒が近寄ると人の形になって追い出すと信じられている。

風水的には「一家に一本!」というくらい、土地や家の気を良いのものに変えるという。

クロトン

無題 (276x183)


クロトンは花の少ない真夏でも赤や黄の色が美しく、花のかわりに庭に植えて楽しめる。

沖縄では庭の東側に植えるとよいとされた。

火の神に供えてもいいされている木で唯一カラーリーフであり、一本だけでも台所周辺を明るくしてくれる。

シークァーサー

無題


熟した黄金色の実からクガニー(黄金)ともいわれている。

風水的に西に黄色で金運は有名だが、沖縄でも西にクガニー(シークァーサー)を植えると金運がつくといわれている。

ガジュマル

ガジュマル玉陵


ガジュマルの木にはキジムナー(精霊)が宿るといわれている。

大木になるので、公園や広い場所によく植えられている。

屋敷に植える場合、家の基礎を割ったりするので、家から離して植えるほうがよい。

ガジュマルが家にあると、子や孫が親思い、祖先思いの子になるともいわれているので、盆栽仕立てのガジュマルがお勧め。

ブッソウゲ(ハイビスカス)

ハイビスカスと言えば、青い空に鮮やかな色が映える明るいイメージだが、後生花(グソーバナ)と呼ばれるように、仏壇や墓前に供える花とされていた。そのため敷地内に植えるのを嫌がる人もいるようだ。

ハワイでは毎日新しい花が咲くことから、成功する実業家の花ともいわれている。

月桃

150601_0935~01 (360x640)

沖縄ではサンニンと呼ばれています。

邪気を払うといわれています。

葉が△なので、月という名前が付いたともいわれていますが、その葉を使っての料理も数多くあります。

ムーチーというお餅、久高島を巡るとき、まずは購入して食べたのを思い出します。

ムーチーは月桃の葉で包まれていて、餅に邪が入らないように護ってくれています。


このように樹木や、植物たちを調べていくとみなよい氣を出してくれているのがわかります。

このように美しい地球に住めることに感謝です。

150614_1856~01 (419x311)

我が家に燕が戻ってきました。

150614_1902~01 (640x360)

そろそろ夕暮れ。

美しい夕暮れを自然がプレゼント。

ティーダ(太陽)に感謝しつつ。。。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

あなたに今日も素敵な天地からの祝福がありますことを・・・ 羽菜




>
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
コケモモやラズベリーのジャムは美味しいですね。
甘酸っぱい味、好きです(#^.^#)
ヤマモモは初めて出会ったとき、庭が真っ赤に染まっていて驚きました。
知ってからは ジャムやヤマモモ酒にして楽しんでいます。
夏のよい飲み物になっています。
2015.06.18 04:37 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "ヤマモモ"
トマトの苗、少し小さいようですが、実をつけるまで育って欲しいですね。それぞれ地域の気候、風土にもよって庭に植える植物も変わってくるようです。依然として松竹梅が人気のようですが、最近ではコケモモ、柿、ラズベリー、柑橘類など果樹に人気が移ってきたように感じます。
2015.06.17 21:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1974-c5c73878
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。