つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

カウンセリングによせて

マウイ 001 (640x431)

カウンセリングタイム

カウンセリングを行うと決めると

必ず風が吹きます。

そして、終了後には青空が見えます。

雨の日も 風が吹きます。

そして、雲の隙間から青空が見えます。

今日の写真は マウイでスケッチ中の私

今日は なぜかしら この写真を載せたくなった。

そして、今、載せた瞬間わかった。

今日のカウンセリングにいらした方は 鯨と縁があり、そしてオーシャンブルーのローブを羽織っていらした。

マウイのこの町はラハイナ。

鯨をウオッチングできる町。

なるほど。

今日のカウンセリングで最終的には愛がテーマ

そして、自分自身を貶めず、許し抱きしめる。

キーワードは 彼女のカウンセリングで毎回現れてくださる鯨。

イルカや鯨は海の天使といわれています。

愛と平和を謳う天使たちです。

私たちが置き忘れた大切なものを再び思い出し、活用できるように謳います。

鯨に出会うこと、それは ラッキーであり、そして、鯨がテール(尾)を見せたら最高にラッキーであるとされています。

イルカ・鯨は無条件の愛と慈しみと喜びに満ちたマスター存在といわれています。

彼らが地球上にいることは祝福であるともいわれています。

彼女の根底に流れる愛と平和と調和

これを再び顕現していくために鯨がそばにいるんだね。

それは、奇しくも(くしくも)、私たちすべてが目覚めることと繋がっています。

愛と平和と調和

世界中が満たされますように。。。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

皆様にたくさんの祝福が降り注ぎますことをお祈りしています。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "アメフラシさんへ"
アメフラシさん、ありがとうございます。
カヤックいいですね(#^.^#)
私の父はエイトの監督をしていました。
なので、小さい頃、相模湖(神奈川県)でカヤックにのりました。
沖縄の魚は 色鮮やかで、本土で育ったものにはなかなか料理しづらいですが、フリッターにして食しました。
魚や肉は安いのですが、野菜がスーパーでは高い。。。農協にいくと、いくらか安いようです。
沖縄では、もっぱらゴーヤチャンプルーを食しました。ゴーヤのスムージーの美味なのには驚きました。
よい釣果お祈りしてます。ありがとうございます。
2015.06.22 20:27 | URL | #- [edit]
森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
鯨は小学校の給食に出ていました。鯨と日本人との関わりは奥が深いですよね。なかなかすべてを解消するのは難しいかと思います。年を経るに従い、人間は雑食で、あらゆるものを食べます。問題なのは、必要以上にとってしまうこと。植物も同じ。価格を維持するために廃棄する植物も多いです。鯨やイルカだけでなく、すべてのものに、如何にエゴを減らして食するか・・・ということなのでしょうか。鯨やイルカの肉に関しては、たくさんの世界からの干渉があります。そこに着目すると、実は職について考えなさいよと、提示されているのかもしれません。植物も活きています。あたかも自分のお金を出して買った苗や種で、自分のものとして考えがちですが、久高島のようにすべてが神様からいただいたものだと考えると、一粒も無駄にはできませんよといわれているように思います。命には期限があります。この期限を無駄にしないで、一生懸命考えて、そして生きていきたいです。
2015.06.22 20:18 | URL | #- [edit]
アメフラシ2899 says... "No title"
  こんばんわ。

 ホエールウォチング、きれいな映像です。
心洗われます。

今年初めて、カヤックに乗って、沿岸を釣り糸を垂らしました。
1度だけ蛸の魚信はあったものの、釣りあげるまでには至りませんでした。

沖縄の魚、釣りやすそうですね。
2015.06.22 17:55 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "食文化"
クジラ肉を食する文化を持つ日本、ノルウエーなどは多くの反捕鯨国の反対で岐路に立たされていますが、この辺りで腹をくくって捕鯨禁止に同意すべきかもしれません。いつまでも言い張っても悪者になるだけだと思います。小笠原近海でのザトウクジラのウオッチングなどが順調に行われる裏で「調査捕鯨」などと言う詭弁も通用しなくなると思われます。太地町の問題も生活環境の改革など国費を投じてでも、住民の意識改革を行ってほしいです。牛、魚、クジラなど食文化の矛盾などもどのように解決すべきかについて研究してほしいものです。
2015.06.21 21:29 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1976-48c97e80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。