つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

生かすための施設へ

寿命は寿の命であると、何年か前のブログで書いていた。
私たちの暮らしとかかわりの深い犬猫たち。

動物保護センターでの命の期限は1週間だった。

我が家の家族4匹のパグとフレンチブルドッグの中の1匹も、神奈川県動物保護センターから引き受けた。

彼と話をすると、ある日車のトランクに入れられ、山の中に置いて行かれていた。

そして、突然、鉄のようなドアが見える。

それは、おそらくは保護センターへ行ったときの感覚なのだろう。

だから、私が迎えに行ったとき、初めて会ったにもかかわらず

「おかあさん!!」って、吠えながら飛びついてなめてきたのだろう。

彼の背後にはまだまだたくさんの犬たちがいる。

すべてを引き取るわけにはいかない。

やがて、民間のボランティアが動きだし、議員さんもタレントさんも動き始めた。

その間に県の保護センターでは、職員(飼育員)が鉄の棒で犬をたたいて命を消してしまったニュースが流れた。

私は すぐさま話しに向かった。

神奈川県では 真摯に対応してくれた。

去年のことである。

そして、たくさんの支援者たちが動きはじめ、生かすための施設として本当の保護センターとなった。

全国に広がることを願うとともに、ブリーダーさんたちの中には残念なことに繁殖の時期を過ぎると放置する方もいらっしゃる。

どうぞ、すべての命が寿の命を全うできますことを願います。

犬たちと目を合わせ、そしてなでるとき 親子間で流れるホルモンと同じようにホルモンがお互いに流れるといわれています。

以下はニュースから引用しました。


神奈川県は本年度、老朽化した動物保護センター(平塚市土屋)の建て替えに着手する。

収容動物を「生かすための施設」と明確に位置づけ、殺処分室を廃止するほか、動物のストレス軽減や病気予防を目的に個室化も進める。

動物愛護の拠点として2018年度末の完成を目指す。

本館や周辺の整備費は総額約14億円の見通し。

本年度の一般会計6月補正予算案には、本館の調査設計費950万円を計上した。

同センターは、横浜、川崎、横須賀の3市以外から動物が持ち込まれ、14年度に犬・猫殺処分ゼロ(犬は2年連続)を達成した。

ボランティア団体との協力で収容動物の譲渡が進んだことが要因だが、建て替えによりセンターの収容環境をさらに改善し、より健康な状態にして新たな飼い主がみつかりやすくするのが目的だ。

現在の本館は地上1階、地下1階建て(延べ床面積約2200平方メートル)で、1971年度に建てられた。新たな本館の建物規模や内容は本年度中にまとめる。

▽殺処分室と焼却炉の廃止

▽収容する動物の個室化

▽ドッグランの整備▽譲渡ボランティアなどが使えるスペースの設置-などを想定。病気などでやむを得ず注射による殺処分を行う場合は専門業者に焼却を委託し、骨は戻してもらう。

また、県は幅広く寄付を募りながら整備費の確保を進めたい考え。「殺処分ゼロ」や動物愛護への理解を広げていく機会としても捉え、寄付を積み立てる基金を創設。

目標額を11億円とし、18年度までの調達を目指す。

一方、同センターは本年度から、新たな飼い主の連絡先を登録したマイクロチップを動物の皮下に埋め込んでから、引き渡す取り組みも始める。

迷い犬になってセンターに収容されても、飼い主の元に戻せるようにするためで、同補正予算案に228万円を計上した。

ペットショップにも、ペット購入者へのマイクロチップ装着の啓発活動に協力を求めていくという。  
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "アメフラシさんへ"
アメフラシさん、ありがとうございます。
(笑)きっとすぐに上達されますね!!
カヤックいいなあ~!!
海風と鹽の香りと!!
収穫期待しています!!

2015.06.29 05:38 | URL | #- [edit]
アメフラシ2899 says... "漕ぎつづけるカヤック"
  こんばんわ。

 かやっく、楽しいけど、潮の流れの読みを失敗したら、ずっと漕ぐようになり、釣りになりません。

山育ちなので、海のことはよくわかりません。
オーマイガ―!
2015.06.25 17:02 | URL | #- [edit]
森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
政令指定都市は神奈川県の保護センターとは別になっていますが、横浜・川崎もまずは殺処分ゼロを目指していると聞きます。
猫の赤ちゃんの飼育は大変で、ネックになりやすい。また、病気の子たちもです。
アニマルメリーランドさんでは、エイズの猫たちを別の場所を設け飼育しています。
病気でも長生きする子がいるのですが。。。
まずは飼い主さんが最後まで面倒見る覚悟が必要ですね。彼らは決して私たちを捨てません。
2015.06.25 05:14 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "マイクロチップ"
「殺処分の廃止」は良い事ですね。どうして今頃になってしまったのかと悔しく思われてなりません。犬を探している人は多いですね。マイクロチップの埋め込みは良策だと思います。横浜、川崎、横須賀の3市の設備更新は進んでいるのでしょうか。
2015.06.24 22:51 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1977-ebf6f2f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。