つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

瑞泉寺へ

150621_1340~01 (640x360)

梅雨の合間に鎌倉へ行きました。

鎌倉は紫陽花が美しく色の饗宴を織りなしていました。


150621_1346~03 (640x360)

この日は 相方がどうしても気になる・・・ということで、瑞泉寺に向かいます。

鎌倉駅から歩いて30分。

平山郁夫画伯(日本画家)の家を通り過ぎ、瑞泉寺に向かう途中に永福寺(ようふくじ)跡があります。


150621_1344~01 (640x370)

奥州平泉にある二階堂を模して作ったといわれてるこの寺院跡は、源頼朝が藤原一族・・・そして義経の鎮護のために建立したといわれています。

義経は弟ですから、やはり胸が痛んだのか。。。

残念ながら、そうではなく怨霊が怖かったと史記に書かれていました。

・・・ということは、自分の胸の中にやはりまずい・・・という思いがかなり強かったのでしょう。

だったら、もっと別の方法があったはず。。

私たちもまた、そこから学んでいきたいものです。

現在、国指定となり鎌倉市と一緒に再現に取り組んでいます。

150621_1304~01 (360x640)

瑞泉寺の階段です。

この手前あたりから、エネルギーが変化しています。

鬼瓦の門があり、神社の鳥居の役割りをしています。

150621_1308~01 (360x640)

氣が充満しはじめています。

よい香りがします。

150621_1323~01 (401x640)

本堂です。

このお堂の裏手に水月観を行う庭が広がっています。

夢窓国師が開山し、創庭されました。

夢窓国師は伊勢の人です。

夢窓国師坐像がありました。

秀逸なものです。

少しお話をいました。

「私の修業に比べたら、あなたはまだまだです。

もっと、すべてを洗い流しもっと努力しなさい。」

はい、その通りです。

まだまだ、心身の垢を落とし、努力しなければ。。。

喝をいれられた鎌倉への旅となりました。



思うことは・・・、すでにこの世にはいらっしゃらない夢窓国師ですが、今まだ法灯を継承しつつ場のエネルギーを今に伝えている。

それは とても重要で衆生である私たちもまたそれに習うことなのだと感じました。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

みなさまにたくさんの祝福が降り注ぎますように・・・羽菜
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
Spiritual step!!
すごいですね。本当にそのような感覚でした。
裏山なんですね!!そういえば、二階堂周辺はみな横浜ナンバーの車で、すごいって思いました。
天園はハイキングコースですよね。そこを歩いていて瑞泉寺にたどり着いた記憶があります。
私も頼朝は・・・です。
彼の行いを見てわがふりなおしていきたいものです。
2015.06.29 05:44 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "裏庭です。"
瑞泉寺は我が家の裏庭と言った感じですが、寺の裏には天園があります。永福寺の再建計画が有るのですか、期待しています。何故か頼朝は好きになれません。義経の恭順を信じて欲しかったです。政子さんに振り回されたのかもしれませんね。二人がタッグを組んでいたなら鎌倉幕府はもっと続いたと思われます。石段が丸くなって歴史を感じます。そしてSpiritual Stepと言う意識が芽生えそう。
2015.06.26 20:27 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1978-6a21832d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。