つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

夏越祓い

1435175246248 (266x410)

川崎からお越しのA様と、秦野の出雲大社へ

この日はちょうど、夏越の祓いの輪が設置された日です。

設置していたのはKさん。

いつも出雲大社の草むしりや、紙垂(しで)を感謝で作っています。

自らの病も消え、本当にお元気で過ごされています。

彼と知り合ったのは、出雲大社に何回も訪れる私に一緒に草むしりをしましょうと、声をかけてくださったのが最初の出会い。

出雲大社は、因幡の白ウサギで有名な大国主命のお社です。

よいお水がありますので、ぜひ、お水を汲んでください。

A様と一緒にお水をいただいてきました。

そして、出来上がったばかりの輪をA様と一緒に八の字に和歌をいいながら、くぐることができました。

すべてのご縁に感謝です。

出雲大社は7月の五日に最後の神主さんと一緒にくぐる祓いの神事があります。

是非、お出かけください。

厳島神社

出雲大社から、メッセージをいただきながら、どこへ行くか決めていきます。

頭では箱根・・・と思ってたのですが、どうも違います。

そして。。

神奈川県の秦野中井インター近くの厳島神社

ご祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと/弁財天さま・弁天様)

湧水が流れ出ており、あめんぼやめだか、そしてかわせみが暮らしているこの場所に来ると、命が蘇えるかの如くです。

この神社にきたら、お社を1周するのがおすすめ。

エネルギーの強い場所があります。

どこかなって感じにいってみてください。

生命の原点に触れる機会となるでしょう。

1435175201921 (360x640)

最後にA様と巡る場となったのは大雄山最乗寺。

3.11のあと、足柄に放射能が降り注ぎ、急いでお伺いした場所です。

道了尊のエネルギーによって、足柄の山を護っていらっしゃることを確認させていただいた強い磁場を持つお山です。




下記は最乗寺のHPより転記させていただきました。

開山了庵慧明禅師りょうあんえみょうぜんじは、相模国大住郡糟谷さがみのくにおおすみごおりかすやの庄(現在伊勢原市)に生まれ、藤原姓である。

長じて地頭の職に在ったが、戦国乱世の虚しさを感じ、鎌倉不聞禅師ふもんぜんじに就いて出家、能登總持寺そうじじの峨山禅師がさんぜんじに参じ更に丹波(兵庫県三田市)永沢寺通幻禅師ようたくじつうげんぜんじの大法を相続した。

その後永沢寺、近江總寧寺おおみそうねいじ、越前龍泉寺えちぜんりゅうせんじ、能登妙高庵寺のとみょうこうあんじ、通幻禅師の後席すべてをうけて住持し、大本山總持寺に輪住する。

50才半ばにして相模国に帰り、曽我の里に竺圡庵ちくどあんを結んだ。そのある日、1羽の大鷲が禅師の袈裟をつかんで足柄の山中に飛び大松(袈裟掛けの松)の枝に掛ける奇瑞を現じた。その啓示によってこの山中に大寺を建立、大雄山最乗寺と号した。應永元年(1394年)3月10日のことである。


道了大薩埵(どうりょうだいさった)について


「道了大薩埵」の扁額

大雄山最乗寺の守護道了大薩埵は、修験道の満位の行者相模房道了尊者ぎょうじゃさがみぼうどうりょうそんじゃとして世に知られる。

尊者はさきに聖護院門跡覚増法しょうごいんもんぜきかくぞうほう親王につかえ幾多の霊験を現され、大和の金峰山、奈良大峰山、熊野三山に修行。三井寺園城寺勧学の座にあった時、大雄山開創に当り空を飛んで、了庵禅師のもとに参じ、土木の業に従事、約1年にしてこの大事業を完遂した。その力量は1人にして5百人に及び霊験は極めて多い。

應永18年3月27日、了庵禅師75才にしてご遷化。道了大薩埵は「以後山中にあって大雄山を護り多くの人々を利済する」と五大誓願文を唱えて姿を変え、火焔を背負い右手に拄杖左手に綱を持ち白狐の背に立って、天地鳴動して山中に身をかくされた。

以後諸願成就の道了大薩埵と称され絶大な尊崇をあつめ、十一面観世音菩薩の御化身であるとの御信仰をいよいよ深くしている。


今回の旅は 縁を繋ぐ旅となりました。

人の文字は お互いに支え合っています。

その字の如く、感謝して生きていきたいものでs。

今日も最後まで読んでくださり、あいがとうございます。

皆様にたくさんの祝福が降り注ぎますように。。。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "チアひよこさんへ"
チアひよこさん、ありがとうございます。
はじめまして。津島神社(愛知ですか?)はご祭神が素戔嗚命と大国主命ですよね。
出雲大社と繋がっていますね(^o^)丿私の氏神神社の六所神社は素戔嗚命です。
ご縁に感謝です。ありがとうございます。
2015.07.15 05:02 | URL | #- [edit]
チアひよこ says... ""
はじめまして。
茅の輪くぐりですか?
私の地元の津島神社にも似た行事?があります。
津島神社はお正月のころにありますが一緒だな~♪と思ってコメントささて頂きました(o^▽^o)
また遊びに来ますね(´▽`*)
2015.07.12 09:32 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "茅萱"
「夏越し祓いの輪」の材料はカヤのようですね。清めるという意味では竹かなと考えましたが、藤沢などでは稲藁が使用されると言う事から五穀豊穣なども含んでいるのかもしれません。くぐり方にも作法があるようです。私も一度もくぐってみたいと思っていますがなかなか出かける決心がつきません。W
2015.07.04 23:16 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1980-8335083f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。