つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

羽黒山

羽黒山五重の塔

山形の方からご相談がありました。

今回は透視リーディングです。

ご相談の内容は

「神棚の上にあった・・・確実に昨日の夜まであった蝋燭の姿が突然今朝見たらないんです。。。

そして、確執のある姑からさくらんぼを本当に珍しくもらいました。。。

どういうことなんでしょう。。。」

山形の方は、本当に真摯にお伝えをお聞きになり実行されていらっしゃいます。

たとえば、三男さんが羽黒山の修験道の方に護られていらっしゃることをお伝えすると、雪が解けるとすぐにご参拝してくださったり、また、神折符は お伝えしたように米・水・塩を置いて神棚に向かい毎朝、感謝を捧げてくださっています。

ですから 障りはないと直感しましたが、意識をご相談者様のご自宅に飛ばし確認していきます。

神棚に意識を集中すると、大きなお顔の天狗が見えます。

まずまず、それだけでは意味をなさないので天狗さんからどうして隠されたかお聞きしていきます。

どうやら羽黒山の天狗とのこと。。。


やはり、羽黒山なんですね。

なぜ、蝋燭をお持ちになったのかをお尋ねすると、「私は 〇〇(ご相談者様)を護っており、私の存在を確実に信じて過ごせよと伝えるためだ。」

とのこと。

そして、お姑さんのさくらんぼを尋ねると

「気まぐれだ。まだまだ○○は乗り越えなくてはならない。一時の状況で心を迷わせず、ますます精進の道をすごせ。」

と、お伝えいただきました。

羽黒山と縁の深いご相談者様です。

羽黒山が やはり護ってくださっています。

羽黒山はやたがらす(三本足のからす)が導いたともいわれています。

また、羽黒山は古修験道の根本道場として凝死体験(ぎしたけいん)・蘇り(よみがえり)をはたす山であり、現世での徳をもたらすやまですから納得がいきます。

今、生きているこの奇跡に感謝して日々の生活できること、当たり前のことであるけれど当たり前ではなく、すべての歯車が合致して現実が生まれているのだということに感謝して生きる。

この時、神仏の力が最大限に働きます。

羽黒山だけでなく、山形のご相談者様とお話させていただいた中で、他の山々も護ってくださっています。

出羽三山です。

山形県は出羽国といいます。

月山、羽黒山、湯殿山です。
 
月山神社は、天照大神の弟神の月読命(つきよみのみこと)

出羽神社は出羽国の国魂である伊氏波神(いではのかみ)と稲倉魂命(うかのみたのみこと)

湯殿山神社は大山祗命(おほやまつみのみこと)、大己貴命(おほなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)

が、ご祭神です。

羽黒山頂に三山の神々を合祭しており、八百万(やおろず)の神々も祀られています。

羽黒山では現世利益を、月山で死後の体験をして、湯殿山で新しい生命(いのち)をいただいて生まれ変わる、という類いまれな「三関三度(さんかんさんど)の霊山」として栄えてきたお山です。

詳細は出羽三山のHPをご覧ください。

私たちは 見えないけれど存在するものたちに護られているのだなあとつくづく思います。

神社の鳥居をくぐると、心身が浄められます。

鳥居が結界をなしているからです。

また、山形などは山々に囲まれ、草木などの自然により一層エネルギーが上昇します。

すべてに感謝して また歩いていこうと思います。

山形の方、そして皆様にたくさんの感謝します。

※今日は午後三時から関東の出雲大社で夏越の大祓いに参加してきます。

大祓い祝詞を奏上しますが、山々や川、海が祝詞に載っており大自然の大きさにより一層感謝してきたいと思います。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

皆様にたくさんの祝福が降り注ぎますように。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
私も聞けるようになったのは、きっかけがありました。それは本当に白旗を天に降らざるを得なかった頃、突然声が聴こえました。
おそらくは、ハイアーセルフだったのでしょう。半信半疑ではありましたが、そのあたりからすべてが変化してきました。天狗様が神様かどうかはわかりませんが、レイキの鞍馬山と関係しており、護法魔王尊という方の座像があります。牛若丸に剣術を教えていたといわれるカラス天狗のような異形です。金星から地球の平和のために降り立ったと鞍馬寺にあります。山に登っているとき、自己を見つめながら登るとき、ふと己ではない声が入るときがあるやもしれません。それがハイアーセルフの声かもしれません。降りろとか。。。我が家の主人は山やなので、そういった体験を持っています。それは山の自然霊かもしれないし、水の精かもしれない。。。今回、ご相談者さまもまた、大天狗が車の中でパッと現れ、守られていることを感じていたらしいです。リーディングと合致されており、またご加護をいただいていることに感謝して感涙されていて、私も本当に嬉しく思いました。みな、大地に天空に護られて存在しているのだと、改めて実感しています。
2015.07.06 05:16 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "出羽三山"
山形県中心部にある月山から北に位置する羽黒山は庄内地方を見下ろす高台にあり、多くの人達を見守っているようです。ヒトには神の言葉が理解できる人とそうでない人が居るようですね。私などは全く理解できない部類に属します。W 庄内地方は昔から修験道が盛んな土地柄のようです。
2015.07.05 17:27 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1981-9cf700ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。