つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

日常の大切な宝物

久しぶりの更新となりました。

いくつかの大切なものが胸の中で育っています。

日々過ごす中でホテルルワンダとルワンダの涙という映画を観ました。



ほんの少し前にあった真実のお話です。

人はなぜ人を貶める(おとしめる)ことが できるのでしょう。

私の中にも 残念ながらその種があるはず。

ないとは決していえない。

だからこそ 真理を知りたくてここにいるのだろうと思う。

その種はどこから見つけることができるのだろうか。

ひとつは 自分が他者より優れておらず失敗した時、絶対見返してやろう・・・という思いが現れた時、それは自分を貶めていることに気づく必要があります。

また、あの人だからできる・・・と思ったら、それを自分を貶めていることに気づく必要があります。

そのような思考は現実で行動や事象に現れてきます。

ですから わかりやすい。

顕在意識では幸せになりたいと思うのだけれど、潜在意識の方が拒絶している場合が本当に多い。

顕在意識は私たちの意識の5パーセントです。

潜在意識は95パーセント。

その奥の奥に超意識があります。

95パーセントで 私は どうせ幸せにはならない、私は受け取ってはならない・・・などなどの意識で抵抗しているからです。

人の祝福を願う心を持っていても、自分を貶めるものを無くしていかないと残念ながら人を見下げたり、人へのゴシップで自分の世界を満たします。

私たち人は すべてのものと繋がりすべてのものを愛で満たす根源を持っています。

その根源をなぜ生かさないのでしょう。

大磯と伊勢原をまわってきました。

神社でお詣りしていると、神様方から こんなお話をいただきます。

自分の中の争いごとが人々の心の中から消えること、

そうすると神々の争いも消えるのだよと。。。

これは沖縄のアマミキヨからも伝えられたこと。

自分の中の争いごととは 自分を貶めること。


クライアントさんとお話をしている時に 自分がまだ20代だったころのお話をしました。

自動販売機にお金を入れてコーヒー缶を購入した時、ラッキーにも当りになりました。

・・・しかしながら それは永遠と続き、私は十数缶を手にしたとき、自分が悪いことをしている錯覚におちいりその場を離れました。

見事にそれは、私の心を現しています。

自分は十数缶以上を手にしてはいけない・・・という自分への制限です。

そして、恐怖や不安などを持っているわけです。

缶王者になってはならないという(笑)

当てるたいと願っているはずなのに、いざ予想以上に当たれば恐怖感を持ってしまうわけです。

潜在意識のクリアランスは本当に必須です。



もうひとつ。。。

私の想い

周囲の人々や万物に対して、過ごしやすい環境を提供するということです。

たとえば、私の頭の中では色々考えが起きますが それを伝えることもせずにいれば周囲は何をしたらいいかわからない。

なので周囲の方々が動きやすくなるように配慮するようにこころがけています。

(まだまだ足りないけれどね。)

また、相手がどうしたいのかを考えて相手が動きやすいようにこちらが動きます。

人の想いというのは複雑に絡み合っています。

人は こうしてくれない・・・などなどたくさんの想いがありますが、実は自分がしていないことに気づくことです。

約束が守れない人もいらっしゃいますが、そのような方を責めるのではなくそのような方々は自分の中の約束事を守れず自分をすでに貶めていらっしゃいます。

ですから、その方々がはやくその呪縛から解放されることを願い祝福することで手放すことがよいと思います。

その方を責める方向に行けば、自らを貶めることになりかねません。

想いというのは本当に複雑です。

そして、日々さまざまなものに心を遣うとき(心は疲弊しません。無限のパワーを持っています。もし疲弊したなら おそらくは潜在意識の中で不平不満の心があります。)、生活のなかで、宝物が見つかります。 

砂金


Kさんが 神様からよい言葉をいただきました。

生活の中に砂金が見つかるよ!!

そうなんです。

小さいけれど、キラキラ光る砂金の如く

小さいけれど、その輝きと価値は どんなものにも劣らずスーパーなものです。

日々の生活の中で本物の宝石を見つけてくださいね。

今日も最後まで読んでくださり、感謝します。

あなたにたくさんの祝福が舞い込みますように♡羽菜
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ゴチ says... "No title"
民族の違いで争っているルワンダですが生活レベルは同程度で不満は無い筈なのに殺し合いまでするとは考えられません。日本でも未だに、民族の差別を問題にする人たちが存在しますが、ルワンダでは高貴なツチ族と野蛮なフツ族と言うレッテルから争いが行われている様です。徹底的な同化政策で争いを無くするのも一案かもしれませBB。(汗)
争いは生き物の「欲」からくるものだと思います。欲のない世の中とはどう言うものなのか知りたいです。
2015.10.21 18:53 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1989-a808d3f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。