つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

森からの伝言

山梨の家の状態を改善しに行くことになりました。

山梨の家はバックに八ヶ岳。

前には甲斐駒ケ岳。

森の中にある家です。

ドングリの樹と赤松の樹が四方に広がります。

はじめてこの家に泊まると、洗濯機が動かなくなりました。

水道から水が出ません。

業者に見てもらうと、洗濯機が壊れているようだと報告を受けました。

再度、訪れた時には洗濯機が動き始めました。

お風呂の水を流すと、水が戻ってきました。

水に関する何かに問題が起こっているようです。

さて、と家をチェックすることにしました。

車から降りようとするとドアが開かない。

どうやらなにがしかの力が働いているようです。

別のドアから降りることにしました。

通常の森の中は、木霊さんでいっぱいです。

でも、家を正面から見ると、右側の方はまるが流れて線上に見えます。

家の中の東南の部分の一ヶ所(50センチくらい)にエネルギーを感じます。

水脈からは うまいことずれていて問題はないようです。

では、この状態はなんなのだろうか。

家の庭をL字ロッドを使って調べていくと、ある部分から入ることができません。

霊波でもなく、念波でもありません。

水脈でもないとすると?

精霊さんなんですね。

どうやらこの家はきちんと開発業者が地鎮祭を行っていなかったようです。

実はドングリなどの樹と赤松の樹の臨界点にこの家はぶつかっていたんですね。

森にはクライマックスというのがあります。

クライマックスにはドングリなどの樹で森は終了します。

赤松は種を飛ばして違う場所に子孫を増やしていくしかなく、その場所を明け渡していかなくてはなりません。

赤松は陽樹ですから、足元の陰樹からもその場所を保持していくのに苦労をしています。

それは森の宿命でもあるので、赤松も理解しています。

ところが そこに家があり、浄化装置(水関係)があっても本来の自然の水とは違い力が弱まってしまいます。

調べていくと、三本の赤松が怒っているのがわかりました。

家の中の東南の位置にある場所に彼らの仲間の赤松がいたようです。

東南の位置の赤松は切られてしまったようですが、まだそこに残存エネルギーが残っているんですね。

家の二階にまでその残存エネルギーは伸びていました。

チェックをしていると家の電気が揺らぎます。

精霊さんがエネルギーを使って知らせてくれているんでしょう。

ごめんなさいと謝りながらチェックをしていきます。

外にいる三本の赤松と対話しました。

一番怒っている大きな赤松にハグしながら話をしました。

ごめんんさい。でも受け入れてほしい。この家の住人はもう石鹸などを使うことはしないし、あなた方のことを大事にしていきます。あなた方が受け入れてくれないと、また違う方がきて同じことを繰り返してしまうかもしれません。どうぞ、受け入れてください。

このようにお話しすると赤松が暖かい波動を出し始めました。

理解してくれたようです。

カーンと樹がなりました。

合図です。

結界をはることを了解してくれたようです。

東南の位置にあったと思われる赤松さんは白衣観音の中に入ってもらってその家の守護樹になってもらうことを了解してもらいました。

白衣観音がフラッシュしました。

赤松さんが入ったようです。

土地と家の両方を清めて結界をはると、木霊ももとの形に戻ってきました。

家の状態もよいようです。

ひんやりとしていた家があたたかくなってきました。

私たちは いつも開拓・・という名目で森だろうと海だろうと住居を構えるために入り込んでいきます。

でも そこには目には見えないけれど森の先住者がいるんですね。

森の中では木々たちが静かに物語を展開しています。

その中で突然、伐採されれば怒りが残ります。

人も同じです。

アイヌの人々は昔、送り花というのをしていたようです。

一本の樹を切ったら、花を作って送る。

感謝して、無駄にしないで使わせていただく。

このような気持ちを忘れがちなんですね。

森の大切さや、森が癒してくれるのを私たちはじゅうぶんに知っているはずなのに、忘れてしまう。

精霊はとても優しくて、私たちが理解して実行に移すと守ってくれます。

三本の赤松も優しい顔に戻りました。


さあ、今日も自然に感謝しながら元気に笑顔で歩いていこう♪


>にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

光明 says... "Re: No title"
ERKさん、ありがとうございます。
そうなんですよ。
まるで、トトロやナルニア国に行ってきた感じです。
今日はカレーを作りましたが、食材さんにも感謝しながら作りました。
そうそうその日はとても面白くて朝は、氏神神社の六所神社が勧請された元の場所に行ったんですね。
なんと、石神台にあって海一望できるところ。
そこにたったら、エネルギーが高くて!
天に引っ張られる感じのところでした。
2009.06.09 03:18 | URL | #- [edit]
ERK says... "No title"
読んでて鳥肌たっちゃったよ。
なんだかトトロが出てきそうなイメージ。
2009.06.09 02:45 | URL | #bM4TJFTs [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/612-2df67e83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。