つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

オーラ

オーラってなんでしょう。

今ではオーラは日常的に使われるようになってきました。

その実態は?

オーラは過去から引っ張ってきているものと、生まれてきてから形成しているものがあります。

そして、エネルギー的なものと意識体、また体からでているもの・・・を指しています。

水分子や細胞内のDNAからの情報と交わり合いながら、その人固有の雰囲気・オーラが形成されていきます。

ですから、体のどこかに障害があったりするとオーラがくすんで見えたり、意識体とも関係しているのでストレスなどを抱えているとやはりオーラがくすんで見えたりするんですね。

想念オーラというのもあります。

不安などを持っていると想念オーラが形成され、ガードをします。

ガードが固そうだなって思う人などの場合がこの想念オーラによって守っているんですね。

逆にこのシステムが理解できると、自分でそのオーラを形成することもできます。

自己発動です。

役者さんなどは、自然にこのオーラの発動を身につけていらっしゃるのでしょう。

優しい人・暖かい人・悲しみにくれる人・・・などなど、さまざまな演技をされていきます。

この場合、魂にこのようなものがあるんですね。

魂の表現者・・・なんですね。

これは 役者さんに限ったことではないんです。

誰もが 魂の表現者であるんです。

魂はたくさんの旅をしてきています。

あなたも私も。

とても幸せなのに涙が出る・・・なんてことないですか?

生まれてきてからなんの苦労もしていないのに、幸せなのになんで悲しいの?・・なんてことなかったですか?

実は魂の旅の中での寂しさを感じているからかもしれません。

(話はそれますが、この寂しさは魂の記憶をもっともっとさかのぼると解消されます。

それはワンネスであるからです。)

このようにオーラはさまざまな情報を持っています。

さて、オーラはどんな色?って聞かれますが、オーラは瞬間瞬間違っています。

でも、自分でも魂の色を探す手立てがあります。

好きな色・・・これが魂の色であることが多いです。

次にオーラのサプリメントをお話しましょう。

美術館や音楽会、自然いっぱいの場所・・・。

そうなんです。

あなたが心身ともにリラクゼーションできる場所に身をゆだねるとあなたのオーラは呼吸し始めます。

今日、明日はお休みの方も多いと思います。

海もいいですよ。

是非、湘南の海に遊びに来てくださいね。

7月20日は茅ヶ崎で浜降祭があります。

朝5時からこのお祭りは始まります。

茅ヶ崎の浜が熱くなる一日です。hamaorishasin5.jpg

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

光明 says... "Re: No title"
ハルモニアさん、ありがとうございます。
はじめまして。
コメントありがとうございます。
そうですね。
私たちのみえない体は何層もある。
その層にブループリントがあり、そこで解消しないと肉体に現われてくるようです。
心と体、両方の側面から改善していくとよいですね。
2009.06.28 05:40 | URL | #- [edit]
ハルモニア says... "No title"
オーラ(高次零体)が肉体を形成していると、自身には見えています。
身体からオーラを発しているのではなく。
まず霊体ありき、、、ですね。

オーラ層の歪みは徐々に低いオーラ層、
アストラルからエーテル、そして肉体に表れるのは最後です。

肉体を治してもまた同じ病気になるのは
根本のオーラ層を治療していないため。

怪我も繰り返し同じ所をしやすいです。

低い振動波の肉体を治してから、
振動波の高いオーラ層までの治療が必要になります。
2009.06.27 07:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/632-a38f702f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。