つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

箱根

お盆の送り火を16日に終えた箱根に足を運んできました。

16日の夕方は、ご飯を食べに出かけ、タクシーを呼ぼうとした時に目の前に一台のタクシーが!

そして、乗ると運転手さんが自己紹介を。

その運転手さんの名字が、7月に天に昇ったM君と同じ。

実はその日の朝、M君のお母さんから電話があったばかり。

最後のお盆の日までにあちらこちらに、彼岸の方々が挨拶にやってくるといわれていますが、まるでM君がお礼の挨拶にやってきたみたいでした。

そんな16日を過ごして、お盆が開けた17日。

箱根の山に入った瞬間、エネルギーが変わりました。

清め清められて、受け入れる

山がそういい始めました。

そして、

ヒーラーさんたちの願いを聞き入れる。

と、語りかけてきました。

次に情景が見え始めました。

卑弥呼の時代より、天へ感謝と謝罪を火によってお返しする・・・という光景です。

これをわかりやすくお話しすると、実は昨晩、有名な古神道の方がヒーラーさんたちと送り火を焚いて清めていたんですね。

その浄化が、本当にすごいものであることを翌日の朝に感じることができました。

そして、ヒーラーさんたちの願い・・・とは、ヒーラーは自分の生活のために収入を得ます。

肉体を持っているなら、これは必然のことです。

ここに、多少なりともヒーラーさんたちは微妙な心理状態を持ちがちです。

微妙な心理状態とは何か。

ヒーラーの真の願いは、誰も病気にならず、銃器もなく、花が咲き、鳥がさえずり、動物たちもおだやかに暮らしていけることです。

そこに、生活がかかってくるところに微妙な心理がからんできます。

ところが、山はすでにその奥のヒーラーの真の願いを知って聞き届けてくれたというから、頭がさがります。

そして、大磯に住んでまもなく頂いたメッセージ。

「詩思霞音(しおもわしかすね)」の意味が本当にようやくわかりました。

お前の願いは、本当に霞のように儚いけれど、しっかり届いているよ・・・・。ということだったんです。

エゴと戦いながら、日々過ごしている私ですが、天・・山はすでに聞き届けてくれている。

本当に頭が下がりました。

そして、古神道の集まりに参加したヒーラーの一人の方を迎えにいくと、

「そこはW先生が車を止めていたところだよ!」と。

W先生はすでに昨晩のうちにお帰りになられていたのですが、引っ張ってくださったのかもしれません。

雲ひとつない富士をみながら、ああ、みんな清められて受け入れられているんだなあと思いました。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
この日の夕方は秦野というところにあるM君のところへ、ご挨拶に。

M君は、富士山の麓で静かに眠ることが決まったとのこと。

富士山のエネルギーに包まれてゆっくり休んでね。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/684-69b7e593
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。