つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

信頼する

人を信じることができますか?

人を信じるっていうことは 自分を信じるっていうことなんです。

本当にたくさんの出来事が毎日、毎日起きます。

その中には 嬉しいこと、悲しいこと、そして、裏切られたなんていうこともあるかもしれません。

人生 山あり 谷あり と言われるけれど、その一つ一つが私たちの魂の糧になっていくんです。

起きている時は、一喜一憂しがちですが、それを通り過ぎた時、あのことがあったから、今の自分があるんだなあ~と気付いていきます。

一喜一憂する前に、ゴクンと唾を飲み込んで自分を見つめる機会を持ってみてください。

その出来事に対して、自分が100%行っていただろうかと振りかえってみるんですね。

100%行っていたら、自分を信頼できます。

もし、そうでないなら、他の人から言われたことに敏感に反応してしまうかもしれません。

今の自分が100%やって、色々評価されたらそれがたとえマイナスの評価であっても真摯に受け止めることができるんです。

今の自分を信頼できるから。

自分というのは今以上でもなく、今以下でもないんです。

今を精いっぱい生きている人は 輝いて見えるんですね。

そして、今の自分はこれから101%、102%・・・と向上していくわけなんです。

小さいころ、例えば3歳の頃、私たちの100%は遊ぶことです。

その中で会話を覚えることが褒められた時代です。

私はテレビのことを「ピーチョ」と言っていました(笑)。

親はそれをとても喜んでいたわけです。

でもその100%はすぐに変化していきます。

評価も変わります。

次は「テレビ」と発声し始めることが100%になるわけです。

このように私たちは常に変化し成長していきます。

さまざまな出来事を通して私たちは昨日まで知らなかったことを知り、そして毎日新たなスタートをきっているわけなんですね。

胸のチャクラ(ツボ)お腹のチャクラの位置をしっかり、身体の真ん中におくように心がけてみてください。

あなたが、自分に自信を持ち、そして信頼した時、周囲も変化していきますよ。

それは口に出さなくてもあなたの周りのオーラが輝きだし、伝わっていき始めます。

さあ、心から制限をはずして今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
昨晩、テレビを見ました。
筋委縮症のお嫁さんのお話です。
筋委縮症は筋肉が委縮して、次第に呼吸器の筋肉にも影響を及ぼすというもの。
彼女は発症して5年といわれたそうですが、それから10年も元気で過ごしていらっしゃいます。
そして、伴侶との出会い、野村監督との出会い・・・。
結婚は無理と親さえも思っていたわけですが、お相手のご親族にも暖かく迎えられ、第2の人生を開かれたお嫁さんです。
まさに今!!を生きているな~と思いました。
私は○○だから、無理・・・。
そんなことを 私たちは思いがちです。
その制限をつけているのは自分にほかならない。
その制限をはずしていいんだよ!!
と、メッセージのように感じました。
少し前に五体不満足で有名になった方がいらっしゃいます。
彼も制限をはずしたすばらしい先駆者だと感じます。
五体満足の私たちの方が、心が不満足なわけです。
心を自由にしていきたいものですね~。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫希音 says... "Re: 信じる事"
心さん、ありがとうございます。
自分を信頼し、愛すること。
これが一番難しいといわれています。
自分を信頼できた時、相手のことも信頼できる。
おひさまはいつも、みんなを信頼して無償の恵みをくださる。
その中に一片の曇りもない。
たとえ、紫外線が~なんていう念波をもらっても!!
ただただ、自分を信頼して光り輝く・・・これが究極の愛ですよね~。
宇宙とはこうしたもの。
そして、宇宙の一部である私たちもまた、同じようなことができると私は信じていますよ。
いつもありがとう!!
2009.11.10 05:49 | URL | #- [edit]
心 says... "信じる事"
自分を信じる事。
大事まんブラザーズの曲が頭に…。
♪負けない事
投げ出さない事
逃げ出さない事
信じぬく事♪♪♪

『私は自由』と言う言葉が昔から口癖でした。(;^_^A
それは小さな箱に閉じ込められて監視されている気がしたからです。
それだけ制限をされていたのか…自分でしていたのか?
2009.11.06 08:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/770-c5d10a3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。