つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

山梨から

山梨に来ています。

清里に程近いこの森は、もう冬支度をしまければなりません。

寒くなると、零下15度以上の日が続くからです。

今年最後の訪問になるかと思っていましたが、もう一度12月に来ることになりそうです。

富士山を横目に、甲斐駒の氷壁が見えました。

夏の山から、冬の山へと変化してきました。

南アルプスの山を見ながら、山の聖霊さんたちとご挨拶。

山々が天と深くつながっていると感じました。

山の周りが、金色から藍色に変化し、その近くにある雲が虹色に

そして、富士山と繋がっているといわれている山から、おいで!とメッセージが・・・。

連れ合いに、「一緒に行く?」と聞くと、「一人でどうぞ。」と。

そうですか、行ってしまいますよ。

海を越えて!(^^)!

山梨の森の中の家は、待っていましたよ、と伝えてくれているように感じました。

森は、葉を落とし、冬の森へ。

そして、夜にはたくさんの星のライト。

木々には ハイ!!たくさんの妖精さんの光がこぼれていました。

森の中を金色の光が流れたり、光ったりしていました。

葉は落としても、木々はとても元気!!

わかってはいたはずなんだけど、空の星は、昼には見えないけれど昼にも輝いていて、木々の妖精さんたちも花や葉をつけていなくても、しっかりそのそばにいる。

目に見える世界だけではないことを、また確認、体感しました。

写真は、また帰ってからアップしようと思います。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫希音 says... "Re: 山梨は・・"
ERKさん、ありがとうございます。
はい!!まだ大丈夫でしたよ!!
次回はスタッドレスかな?
ヤドリギやキツツキに会いました。
そういえば、天女山の鹿さんたちはどうしてるかな?
めっきり虫さんも姿を消し、あなたも寝れるかも(笑)
12月にもう一度水抜きをしたら(水道管が凍結で破裂するからね)、来年の春までさよならになってしまいます。
くのパンはお昼に買いにいったら、もう売れ切れ店じまい。
次回は朝に買いに行こう。
2009.11.23 06:44 | URL | #- [edit]
ERK says... "山梨は・・"
寒いでしょうね、交通手段は、車ですね?
スタットレスじゃなくてもまだ大丈夫なのでしょうか・・・。
気をつけて行ってらっしゃいませ。
2009.11.23 03:07 | URL | #bM4TJFTs [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/787-e4ec0665
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。