つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

水の神様

山梨を経由して、長野に来ています。

山梨の清里の周辺はもう雪が積もっていました。

次に森の精霊さんたちと出会うのは、春になりそうです。

これから零下15度~20度になります。

ありがとうを伝えて長野へと向かうころから足の裏が変化してきました。

足の裏がブーンと活性化してきました。

エネルギーが上昇してきているのが感じられます。

大地とうまく和解できたのかもしれません。

長野に入り、のんびりワンコたちとともに明日義母に会いに行く準備をします。

そして、寝床に!!

バロン(フレンチ・ブルドッグ)がクンクン泣いて寝床に入ってきました。

いつもなら大騒ぎのバロン君。

今日は何故かしら、しおらしい(笑)。

そこで、しばらく一緒にいることにしました。

彼は、体外離脱のときに必ず手助けをしてくれるワンコです。

彼が寄り添ってくるので、彼のルーツを聞きながら寝ることに。

すると、山が噴火している光景が見えはじめます。

そして、その山の下には雲があり、その雲が滝のように流れています。

雲海は広がり、幾重にも重なっています。

そしてそこに一人の神様!?が。

誰だろう?

しばらくすると、その神様がいる場所からまたしても雲が滝のように流れだしました。

そして、その神様がその下へと降りていった!?

その下にはエメラルドグリーンの水をたたえた水源が現れました。

虹がいくつもかかっています。

気がつきました。

この神様が水の神様!?

昨日、姿が見えなかった神様です。

水速女命(みずはやめのみこと)なのでしょう。

水つくりの様子を見せていただいたんだと思います。

バロンはそのあとすぐ、自分のクレートへと戻っていきました。

ありがとね。

古事記の世界は、物語のように思っていたのですが、どうにもそうではないよと齢を重ねるとともに考えるようになりました。

また、龍も架空の動物と子供のころ思っていたのですが、エネルギーを象徴するひとつの形として存在するのだろうと思うようになってきました。

何が真実なんだろう!?

旅は続きますが、2012年に向け(一説には2011年)、みんながオープンハートになってきました。

ますます、楽しくなってきました。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/802-e5e39a24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。