つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

呼吸

雪の降りしきる東京の西永福へ行ってきました。

この日は、神社の境内にあるお茶室でお茶をいただくことに。

床の間に飾られていた掛け軸と一輪の椿の花。

ここにお茶を主催した方のその日の主題が現われています。

一輪の椿の花は 正面をしっかり向き、掛け軸は山から太陽が上へと上昇していくようで、2月ですが新たな年の始まりのようにきりっと引き締まった心を感じます。

道具のひとつひとつに主催された方の氣がこめられているのを感じます。

茶道は、いくつものお作法があって堅苦しいものという色眼鏡でみていた自分がいました。

でも、実はそれが宇宙の法則であることに気付きました。

例えば、茶杓(お茶をすくうもの)と棗(なつめ・お茶の入っている容器)を置く位置。

この間隔は畳の五目・・・ということらしいです。

この間隔を広げても狭めても、なんだか間が空きすぎたり、窮屈だったりして居づらい環境になることがわかりました。

お茶室が、宇宙の縮小になっているんだな~と思いました。

その宇宙の縮小版の中で、主催者、そしてお客である私たちの呼吸が乱れているとどうなるだろうか?

宇宙のバランスが崩れて、これまた居づらい環境となってしまいます。

この茶室にあるものすべてが、そこにあっって至極当然であること。

すべてが必要であって、そこに何かが起きるのは人の心のざわめきであると思いました。

先日、天から降りてきた言葉。

目の前に現れるすべての事象は すべてバランスがとれているんだよ・・・と。

そこにさまざまな波を起こすのは 人の心でしかない。

お茶を知らない私の心が起こすものは、うまくいかなかったら恥ずかしいとかそんなところだろう。

でも、今の自分を真摯に受け止めて、知らないことがあったら知ればいい。

知らないことを隠すのではなく、知らないことをお聞きしない方が恥ずかしいと感じました。

あるがまま、呼吸をしているうちに脳波がさがり、そして小さな宇宙と一体になる。

そんな幸せを感じた日。

実は、琴平のエネルギーと白山の菊理姫、伊勢、熱田の神様の氣を入れたお茶を頂くという氣のお茶会だったのですが、その氣のエネルギーがすでに変化を起こし始めてきたようです。

帰りにはまたしても雪。

浄化でしょうか?

そして、地震もありました。

変化もまたバランスのひとつ。

すべてを受け入れ、すべてが調和となる・・・。

そんなことを感じながら

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/882-bb77e18e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。