つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

蓮からのプレゼント

弥栄(いやさか)、叢雲(むらくも)という言葉が、入ってきました。

弥栄の意味は、繁栄を願う意味があります。

そして、それをもう少し調べてみると、「禍転じて、福となす」

失敗だと思っていてもそれがいいことなのだよ!というポジティブ思考の言霊なんですね。

そして、叢雲には天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を連想しました。

スサノオがヤマタノオロチをおさめた時に尻尾から出た太刀で熱田神宮の神器です。

そして、叢雲にはもうひとつ、

月(つき)に叢雲(むらくも)花に風 という言葉があり、

世の中の好事には、とかく差し障りが多いことのたとえに使われます。

これは、どうやらなにかいいことをする時、色々なことが起きるかもしれないけれど それにへこたれず頑張ると福が待ってるよ~ということですよね。

へこたれず頑張ろう!!(*^_^*)

そして、今年のテーマは蓮。

1年を通して蓮を日本画で描いていくことを昨年末に決めました。

毎日ポチポチと、膠(にかわ・定着剤)を溶かし、描いていきます。

四季の蓮が描けたらいいなあ~と思っています。

そして、先週末連絡が(*_*)

企画展のお話しが入ってきました。

4月12日から18日まで、銀座6丁目のギャルリー志門さんで行われるアートフェアという企画展にどうぞ!!というお話です。
(ギャラリーではなくギャルリーでないと志門さんが検索できません)

小品2点のみの参加ですが、有り難いお話です。

蓮には いよいよ調べてみるとラクシュミ(福徳の神)の意味になることがわかりました。

ラクシュミは吉祥天女と同じです。

密教には吉祥天女法というのがあります。

福徳を祈るものです。

すべてが繋がっているんだな~と思います。

ここでまたしても七転び八起き

いろんなことがあっても、もう一度立ちあがる。

そうしたら、必ず福が待ってるね(*^_^*)

蓮の花は、泥の沼からまっすぐ立ち上がり、天を仰いで花を開かせます。

私も もがきながらもがきながら生きていこう!!

まっすぐ天を仰いで!!

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!Wikipediaより
ヒンドゥー教 [編集]
古代インドでは、ヒンドゥー教の神話やヴェーダやプラーナ聖典などにおいて、ハスは特徴的なシンボルとして繰り返し登場する。例えば、『バガヴァッド・ギーター』11章で、クリシュナは「蓮華の目を持つ者よ」と美称され、アルジュナは「ハスの上に座す梵天(最高神)を、そしてシヴァ神、あらゆる賢者たち、聖なる蛇たちをわたしは見ます」と語る。[4] 同5章の記述「結果を最高神に任せ執着なく義務を遂行する者は、罪に迷わない。あたかもハスの葉に水が触れぬがごとく」は[5]、後の仏教における「ハス」の象徴的用法と近いものを含む。泥から生え気高く咲く花、まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿が、俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴のようにとらえられ、このイメージは仏教にも継承された。

多神教信仰から女神崇拝が生まれその為、古代インドでは女性に対する4段階の格付けが生まれ上からパドミニ(蓮女)、チトリニ(彩女、芸女)、シャンキニ(貝女)、ハスティニ(象女)といい最高位の「蓮女」の象徴としてラクシュミーという女神が、崇拝された。

仏教 [編集]
仏教では泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせる姿が仏の智慧や慈悲の象徴とされ、様々に意匠されている。如来像の台座は蓮華をかたどった蓮華座であり、また厨子の扉の内側に蓮華の彫刻を施したりしている。主に寺院では仏前に「常花」(じょうか)と呼ばれる金色の木製の蓮華が置かれている。一方で、仏教国チベットでは標高が高く生育しないため、想像でかかれたのかチベット仏教寺院では日本に比べ、かなり変形し、その絵はほんのり赤みがかった白い花として描かれている。 ただし、仏教でいう蓮は本来は睡蓮のことである。

また死後に極楽浄土に往生し、同じ蓮花の上に生まれ変わって身を託すという思想があり、「一蓮托生」という言葉の語源になっている。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/901-16cece48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。