つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

現象

ウィキペディアより、
現象(げんしょう 希: φαινόμενoν- phainomenon, pl.希: φαινόμενα- phainomena)とは、観察のできる事実のこと。

語源的には見えるもの、現われを意味し、出来事を、それが存在するかどうか、本当かどうか、といった、その見える現れの背後にあるものを問題にせずに、その観察された現れとして扱うとき現象と呼ぶ。 対義語は本質。


現象を調べてみると上記のようなことが書いてあった。

現象によって、私たちは本当によく振り回される。

また逆に、まだ起こってもいない現象・事実に思いを巡らせ不安を募らせる。

上記にもあるように現象の対義語は本質である。

つまり、現象のその奥にあるものを見極めないと、本当のことはわからないのである。

なんだか難しいって思ってしまうかもしれませんね。

簡単な例をあげてみましょう。

小さいころ、親に言われた言葉や行動が私たちはそれが脳裏に焼き付いています。

「おまえが○○なら・・・」

とか、

「おまえが○○だったら・・・」

とか・・・。

○○は、いつしか私たちをまるで呪文のように私たちをコントロールしはじめます。

そして、私たちは本当にこれから何かをしようとする時、この○○が効いてきてうまくいかないとか、やっぱり無理・・・とか、やってもうまくいかない・・・など、この○○・言葉によって未来を、そして現実をつくりあげてしまうんですね。

逆に

「あなたは 本当に素晴らしい!!あなたは必ず素晴らしいことができるいい子、いい子」

と育てられた場合は、どんな難問題も必ずいうまくいくよとポジティブにものごとを考えていくようになります。

さあ、○○には力がないんだということに気がついてください。

呪文を解除していってください。

そして、現象というものにもコントロールされないでください。

現象はあくまでも現象なんです。

物事の本質ではありません。

昔ね、河口湖というところにいって教育大の先生の話を聞いたことがあります。

その中にこんな話がありました。

「今ね、ご主人が浮気して苦しんでいる方、いらっしゃるよね。

これ、現象なの。本質じゃあないんですよ。

だから、こう考えてごらんなさい。

ご主人は、日本でうつぶせになって寝ている。

そして、もう一方の方は、ブラジルであおむけになって寝ている。

ただそれだけなの。

本物じゃあないから。

ね、気が楽になるでしょ?」

ものすごい話ですよね。

発想の転換です。

現象に振り回されない。

だって本質じゃあないんだから(*^^)v

また、親からもらった言葉。

この言葉も本質でない場合が多いです。

ネガティブな言葉を出さずにはいられなかった親。

その奥には、子どもを自分の投影として扱っている場合が多いです。

親もまた、その本質を知らずに言葉によって、あるいは行動によってコントロールされていることが多いんです。

それに気がついて、呪文解除をしてくださいね。

あなたの目の前に現れる現象は、必ずあなたが乗り越えることができるもの。

そして、これから起きる未来は あなたが作っていける素晴らしい未来。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫希音(光明) says... "Re: No title"
オリオンさん、ありがとうございます。
いえいえこちらこそ、勉強させていただいてます。
本質に適った生き方。
究極の目標ですよね。
毎日毎日、点検です(^^ゞ
2010.03.23 05:33 | URL | #- [edit]
オリオン says... "No title"
瑞姫希音さん、こんばんは。

現象の対義語は本質なんですね。
本質を知り、本質に適った生き方をしていきたいです。
いつもいろいろなことを気付かせていただきありがとうございます。
2010.03.22 01:37 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.03.19 18:22 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/911-4c7e3308
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。