つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

想い

自分の想いと人の想い。

違うことが多々あります。

夫婦の場合、たとえ隣に住んでいた方と一緒になっていても 箸のあげさげにも違いがあります。

自分の知っている経験をもとに 私たちは行動を起こしていきますが、その行動・対処の仕方に対して色々言われてしまうことがあります。

そして、自分自身も相手の行動や対処に対して、おかしいと思うことがあります

さて、どちらが正しいのでしょう?

答えは?

はい、その通り!!

どちらも正しいんです。

人それぞれ、いろいろな考え、経験をもとにしています。

ですから、その人にとっての真実を現しているんですね。

では、どうしたらいいんでしょう。

その方の立場に一度立ってみるといいんですね。

自分がその立場にたってみると、「ああ、こう言われたら嫌だな。」って気がつくことが多いです。

そうすると、出てくる言葉も変化していきます。

だからといって、自分の想いを折り曲げる必要はありません。

相手の想いを理解して、そして自分の想いが間違っていないことを確認し、そしてあらためて自分の想いを伝える。

それが大切です。

自分の想いを押しつけるのではなく、伝える・・・ことができるようになってきます。

昔、だれしも地球はまっ平らだと思っていました。

そして、周りの星々が動いていると心の底から思っていました。

そんな中、地球が動いていると地動説を伝えたガリレオ。

この二つを後世ではガリレオが正しいと理解できるけど、その当時は とんでもないことだったと思います。

ちょっと、飛躍しすぎですが、相手の想いと自分の想い。

自分の中に 間違った経験、情報がないかどうか確かめる必要があるかもしれません。

我が家の場合、母が無鉄砲で涙もろい。

そんな母は思ったことをすぐ実行する。

失敗して軌道修正するといったタイプ。

ところが相方のお母さんは 考えて考えて石橋をたたいても渡らないタイプ。

その二人に育てられた我が家は お互いの想いを考えていかないと理解できない・・・衝突するということになってしまいます。

相手の想い、立場にたって伝える。

我慢することではありません。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 says... "Re: No title"
オレンジローズさん、ありがとうございます。
はい!(^^)!お伺いさせていただきますね。
2010.05.14 05:13 | URL | #- [edit]
オレンジローズ says... "No title"
きていただいてありがとうございました。もしよろしければまた気の向いたときにいつでもお越しくださいね。
2010.05.13 10:40 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/969-765d8142
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。