つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

若返り

時間は地球上ではあるけれど、次元を超えたら時間も空間もない。

これって、SFの世界の話しのようだけれど、もっと科学が進んだら分かるかもしれない。

クオーク(素粒子)に乗ることができたら、時間を超えて過去に行ってみることができるという。

佛説観普賢菩薩行法経

「十方世界の無数の諸佛およびそれに従う諸菩薩は、すべておなじようなすがたに見える。それらの諸佛・諸菩薩が雲の如くに集まって、いっせいに釈迦牟尼佛を見ると、たちまち釈迦牟尼佛の全身から金色の光線が放射される。その一本一本の光線の中に、百億の化佛のすがたが見える。そして、諸々の分身の佛も、眉間の白毫相から光を放ち、その光が釈迦牟尼佛の頭頂に流れ入る。すると、分身の諸佛も全身から金色の光線を放射し、その一本一本の光線の中には無数の化佛がいるのが見える。」

もしかしたら、その光りはクオーク?なんて思いを巡らす。

今、もしこの瞬間に木星へ行くことができて、そして高性能の望遠鏡があって地球を見ることができたら、過去の自分をみることができるよと七沢の天文の先生にお伺いしたことがある。

宇宙って不思議だ。

光って不思議だ。

しかしながら、地上では時間が流れている。

それが自然の摂理となっている。

若返りを古来から誰でもが考えていた。

では どうしたら?

精神・・・が一番の若返りの秘訣では・・・と私は考える。

ストレスは第3チャクラ(胃のあたり)に溜まる。

胃は五行でいう土である。

ストレスが起きると浄化作用が起きて肝臓がいの血液を奪いやすくなる。

肝臓は五行で木。

木を補うために土のエネルギーを奪う。

木は枯れないために土の気をもらう。

当たり前のことですよね。

ストレスをためないこと。

精神を豊かにすることが秘訣なんだと思う。

土に力がなくなると金・・・かたくなって体も硬くなる。

老化ということになりかねません。

土の反対側にある水。

水は腎臓。

疲れてくると腎臓も疲れやすくなります。

水も若返りのポイント。

腎臓が弱ってきたら、注意信号としてゆっくりやすむのがいいかな?

そして、土に戻りましょう。

土は胃にあたります。

暴飲暴食は控えめに。

そして、その胃に影響するのはなんといっても木・・・肝臓。

肝臓は感情をためる場所!!

穏やかに過ごして笑顔で過ごしていくのが一番のアンチエイジングですね。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪



佛説観普賢菩薩行法経
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/991-d65fff09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。